令和の前に…BL流行ジャンルを振り返り!2016年は子育て、2017年はショタ攻め―ヒットの背景は?

掲載/更新 0
令和の前に…BL流行ジャンルを振り返り!2016年は子育て、2017年はショタ攻め―ヒットの背景は?
【第二回はこちら!】毎年話題となる「BLアワード2019」が発表に! 長年開催されている「BLアワード」ですが、毎年の流行の傾向はあるの? 各年のヒットジャンルを伺いしました。
IMAGE
■関連記事
2019年BL流行予想は”スパおじ攻め×スパダリ受け”!? ヒットの理由と注目作品を聞いた

2019年注目のBL傾向をBL漫画&小説のレビューサイト「ちるちる」さん(以下、ちるちる)のご協力のもと探った前回記事。
4月12日に商業BLの祭典「BLアワード2019」が発表になったばかりですが、ではそれ以前の流行ジャンルの傾向は?

今回も引き続きBL漫画&小説のレビューサイト「ちるちる」編集部ご協力のもと、過去数年のBLヒットジャンル傾向から商業BL業界の“流行り”の移り変わりをチェックしてみましょう。ちるちる編集部が厳選したオススメ作品もご紹介します♪

2016~2018年のヒットジャンルをチェック!

2016年 : オメガバース・子育て

生まれつきの属性(階級・性質)を乗り越えて幸せをつかむストーリー。子育てを題材とした雰囲気の日常の何気ないシーンに萌えます。

代表作である『かしこまりましたデスティニー』(著者/さちも 出版社/ふゅーじょんぷろだくと)、『ただいま、おかえり』(著者/いちかわ壱 出版社/ふゅーじょんぷろだくと)、どちらも2017年に出版された続巻が売上的によかったと思います」

2017年 : 少年・ショタ攻め

成長による関係性の変化、少年と大人のカップリングですが、幼い子供が精神的に成長して性的、精神的な攻め受けの立場が逆転するところがポイントです。

BL界の鬼才・はらださんによる『にいちゃん』(著者/はらだ 出版社/プランタン出版)、とオメガバース業界に一石を投じた『さよならアルファ』(著者/市梨きみ 出版社/ リブレ)をぜひ」
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません