劇場版『名探偵コナン』10年前の名言がいま刺さる。ネット社会に通じる言葉とは

劇場版『名探偵コナン』10年前の名言がいま刺さる。ネット社会に通じる言葉とは
1994年から連載がスタートして以来、劇場版・TVシリーズともに絶大な人気を誇る『名探偵コナン』。2011年に公開された映画の『沈黙の15分(クォーター)』に登場するある言葉が、ネット社会にも通じるものがあるのです。
IMAGE
幼いころから大人なるになるまで、ずっと私たちの身近にある漫画やアニメ。
キャラクターが発した台詞が心から離れない、という経験をした人は多いのではないでしょうか。

作品の“名言”を振り返る本シリーズ。
今回は1994年から連載がスタートして以来、絶大な人気を誇る人気作品『名探偵コナン』の名言をご紹介します。
セーラームーンを筆頭に、90年代コンテンツを愛する小川満鈴さんに影響を与えた言葉とは?

なお、本記事は性質上、作品の内容を含みます。
※編集部の手違いにより初出の記事タイトルに誤りがありました。訂正しお詫びいたします(5/13)

『名探偵コナン 沈黙の15分』上巻 (小学館)画像

『名探偵コナン 沈黙の15分』上巻 (小学館)

『名探偵コナン』には数々の名言がありますが、私にすごく、コナンの事件ではないですが本当に胸の奥までナイフのように突き刺さった言葉があるのです。

それは劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』の中で江戸川コナンが発した言葉、
「1度口から出しちまった言葉は、もう元には戻せねーんだぞ… 言葉は刃物なんだ。使い方を間違えると、やっかいな凶器になる… 言葉のすれ違いで一生の友達を失うこともあるんだ…。」というものです。

この言葉、今のネット時代に当てはめて考えていきたいと思います。

この名言はネット社会にも突き刺さる

16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは