『半妖の夜叉姫』あの頃の殺生丸とりんを思い出す…オマージュが感慨深い。希林理には再び疑惑が?【第44話】

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』あの頃の殺生丸とりんを思い出す…オマージュが感慨深い。希林理には再び疑惑が?【第44話】
『半妖の夜叉姫』第44話「妖霊星が墜ちる時」を振り返り! 殺生丸とりんの出会いを思い起こさせるオマージュシーンに注目が集まりました。弥勒と珊瑚の戦闘にもファン歓喜! 希林先生には再び疑惑が……?
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』弍の章。第44話「妖霊星が墜ちる時」では、戦国時代では犬夜叉たちが、令和では夜叉姫たちがそれぞれ世界を救うため戦っていました。

殺生丸りんの出会いを思い起こさせるオマージュに反響が集まりました。
また、弥勒一家の戦いにも感動の声が。そして希林理には再び敵説も浮上……!?

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

殺生丸とりんの出会いのオマージュが感慨深い

第44話では、数話ぶりに殺生丸とりん夫妻の姿を確認することができました。
静かに目を閉じている殺生丸の美しさや、そばに寄り添うりんの夫婦らしい姿に視聴者から多くの反応が。

特に反響があったのはりんが殺生丸の口元を手ぬぐいで拭うシーン。幼いりんが瀕死の殺生丸を助けようと顔に水をかけた二人の出会いを想起させ、「あのりんちゃんが大人になったね…」「出会った頃を彷彿」と往年のファンからのコメントも見られました。

そのほか、「殺生丸を介抱できるのりんちゃんだけよね」「献身的なりんちゃん本当に可愛い」「距離感好き」と、殺生丸とりんならではの唯一無二な関係性に喜びの声がありました。
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません