トータス松本は天才か!『ヒプマイ』オオサカ・ディビジョンの楽曲に救われる…他チームとのギャップに安堵?

トータス松本は天才か!『ヒプマイ』オオサカ・ディビジョンの楽曲に救われる…他チームとのギャップに安堵?
『ヒプノシスマイク』のオオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」。トータス松本さん提供の楽曲がファンから「救いがある」と注目を集めていますが、一体なぜそのような評価が集まっているのでしょうか。
ヒプノシスマイク』のオオサカ・ディビジョンどついたれ本舗」。

ウルフルズトータス松本さんの楽曲提供で注目を集める『笑オオサカ! ~What a OSAKA!』に、ファンから「救いがある」と安堵の声が寄せられているようです。その理由とは?

他ディヴィジョンとのギャップがすごい!

同曲は2月24日発売のCD「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd D.R.B どついたれ本舗 VS Buster Bros!!!」に収録。

作詞をトータス松本さんとSHINGO★西成さんが担当し、作曲はトータス松本さんが単独でクレジットされています。
声優の岩崎諒太さん・河西健吾さん・黒田崇矢さんがボーカルを務め、繰り返される「笑オオサカ」のフレーズがいかにも陽気な仕上がりとなっています。
11 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは