モルカーの進化に驚き!『PUI PUI モルカー』第11話感想、歴史改変でついにシロモの姿が…?

掲載/更新 0
モルカーの進化に驚き!『PUI PUI モルカー』第11話感想、歴史改変でついにシロモの姿が…?
2021年1月5日より、テレビ東京系列の子供向けバラエティ番組『きんだーてれび』内で放送中の『PUI PUI モルカー』(プイプイ モルカー)。3月16日に放送された、第11話「タイムモルカー」のSNSでの盛り上がりや感想を紹介!
2021年1月5日より、テレビ東京系列の供向けバラエティ番組『きんだーてれび』内で放送中の『PUI PUI モルカー』(プイプイ モルカー)
そんな大人気の『モルカー』から、3月16日に放送された第11話「タイムモルカー」の感想や見どころを紹介します♪

リアルモルモット!」「え、歴史改変?」という評判と共に、ゾンビになっていたシロモの登場も話題に!

モルカーの歴史、モルカーの進化とは?

番組が始まると、突然の「遠い昔…」テロップが。
必死に火をおこす恐竜時代の原始人の前に、時空を越えモルカーが登場!(第9話「すべってサプライズ」で点数フリップを出していた、メカっぽいモルカーです)
モルカーから登場した博士と子供は、本とまったく同じ「人類と火の歴史」に大興奮で写真撮影。

「タイムモルカー」のタイトルデザインや、博士の髪型には「完全に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』じゃん!」という反応が。
この博士が開発したタイムモルカーからの乗り降り、モルカーのサイドの長い毛を上げてという部分にも「デロリアンDMC-12と同じドアの開き方~~~!!!」という声も。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません