『ONE PIECE』ナミは次期ビッグ・マム!?二人に共通する3つのポイントとは…

掲載/更新 0
『ONE  PIECE』ナミは次期ビッグ・マム!?二人に共通する3つのポイントとは…
“ワノ国”編も佳境で毎週大盛り上がりの『ONE PIECE』。近頃の活躍がめざましいナミですが、ビッグ・マムにどんどん近づいているとの噂…!見た目は正反対な二人の共通点とは?
IMAGE
週刊少年ジャンプにて連載中の『ONE PIECE』。現在鬼ヶ島での戦いが盛り上がりを見せるのワノ国編では、ナミの成長ぶりや活躍ぶりがたびたび話題となっています。

そんなナミが“次期ビッグ・マムになるのではないかとじわじわ話題に……! どうやら似ている点が多いという二人。見た目は似ても似つかない彼女たちですが、いったいどんな共通点があるのでしょうか?

DVD『ONE PIECE LOG COLLECTION "NAMI"』 画像

DVD『ONE PIECE LOG COLLECTION "NAMI"』より

ナミとビッグ・マム、3つの共通点とは

ナミとシャーロット・リンリンことビッグ・マムには3つの大きな共通点があります。

まず一つは、どちらも“天候を操る”ということ。

ビッグ・マムはソルソルの実の能力を使って魂(ソウル)を与えた太陽のプロメテウスと雷雲のゼウスをしもべとしており、“天候を従える女”との異名を持っています。

一方ナミは、天候に関する深い知識と、サイクロンを読むなど体で天候を感じ取るという天性の才能で麦わらの一味の航海を支えています。戦闘の際も雷や雨など天候を利用しての戦いを得意としており、一度はビッグ・マムのゼウスを奪い自身の戦闘力としていたことも。
もう一つは、“子供に優しい”という点。

食い患いの癇癪を起こすと自分の子供ですら殺してしまうビッグ・マムですが、仁義に熱い一面も。特に1011話では、お玉へ見せる優しさから10歳以下に稀に見せる「マザーモード」があるということが明らかに。

対してナミは、パンクハザードでは「子供に泣いて助けてって言われたら!!!もう背中向けられないじゃないっ!!!」と叫ぶ名場面が有名です。さらに1012話では、うるティにお玉を傷つけられたことで子供に手をあげるのは許せないと怒ったのです。
そして、ナミはベルメール、ビッグ・マムはマザー・カルメルと両者とも“育ててくれた母親”とのエピソードが色濃い人物であるという点も重なってきますね。

ナミは次期ビッグ・マムになる?共闘の可能性も

ここまで3つの共通点を挙げましたが、1011話、1012話と続いて二人ともお玉をきっかけに子供に対する優しさを見せたのも印象的でした。

同じポイントに怒る二人は意気投合するだろうとも言われており、ナミのことを気に入ったビッグ・マムが、ゼウスを正式にナミに譲り渡すのではないかという見解もあるようです。

また、お玉を守るためにナミとビッグ・マムが共闘しうるティを倒すことになる可能性も高そう。オロチ城ではビッグ・マムの技である雷霆を炸裂させていたナミですが、たとえば二人同時に雷霆を放ったら……とんでもない威力でカイドウ軍を圧倒できること間違いなしです。

この考えはネットでも広まっており、「ナミとビッグ・マムが意気投合して共闘→味方になるの流れないかな」「ビッグ・マムがナミのこと気に入って助けてくれる路線ありそう」「ナミとビッグ・マム共同戦線来るか……!?」など期待の声が挙がっています。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません