『進撃の巨人』第85話、コニーの叫びが刺さる…残酷な世界に「諫山先生は鬼か」「エグすぎる」

掲載/更新 0
『進撃の巨人』第85話、コニーの叫びが刺さる…残酷な世界に「諫山先生は鬼か」「エグすぎる」
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第85話では、第104期訓練兵の同期との戦いを強いられるコニーたちが話題に。「諫山先生鬼畜すぎる」と思わずにはいられない展開とは? みんなの感想を振り返ってみましょう。
IMAGE
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第2クールがNHK総合にて放送中。第85話「裏切り者」では、コニーやアルミンたちが第104期訓練兵の同期たちと殺し合う過酷な展開が描かれました。

また、アニとライナーの巨人化シーンには、かっこよさだけでなく複雑な感情を抱かずにはいられなかったよう。
コニーの悲痛な絶叫に心が揺さぶられた今回、みんなのコメントとともに注目ポイントを振り返ってみましょう。

アニとライナーの巨人化シーンがかっこいいけど……

地ならしを止めるため、イェーガー派に占拠された港から、飛行艇やアズマビトの技術者を取り返そうとするアルミンたち。最初は話し合いによる解決を試みるものの、フロックに感づかれ交戦を余儀なくされます。
頼もしい戦力となったのは、再び共闘することになったアニライナー
立体起動装置でフロックの背後をとると同時に巨人化し、イェーガー派に立ち向かいます。
一連の演出に「まるでヒーローの変身シーン」と感動した視聴者も。
「ありそうでなかったアニとライナーの同時巨人化」、「主人公ライナー、キター!!」、「控えめに言ってめちゃくちゃかっこよかった」と、ファンのテンションが上がります。
敵対していたときは恐ろしく見えていたアニやライナーも、味方になれば心強いもの。
「あんなに恐ろしかった女型の格闘術がこんなに頼もしくかっこよく見えるなんて」、「感慨深いな……」と感じた視聴者もいました。
しかしただ「かっこいい」と喜ぶこともできないのが、『進撃の巨人』の奥深さ。今は敵対しているイェーガー派も、もともとは仲間だった人ばかりです。
「頼もしいけど、かつての仲間との殺し合いの始まりでもある」、「ほんの少しでも頼もしさを感じてしまう事態になっていることが異常」と、視聴者も複雑な感情を抱かずにはいられません。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません