私がやりたいのは…『ひぐらし』園崎魅音に惚れる“かっこいい名言”といえば何?

掲載/更新 0
私がやりたいのは…『ひぐらし』園崎魅音に惚れる“かっこいい名言”といえば何?
15年以上前からアニメやゲーム展開を続ける『ひぐらしのなく頃に』。恐怖の側面が多く語れる本作ですが、実は感動する場面や名セリフも。今回は皆が胸を打たれた園崎魅音の【名言】をピックアップ。
IMAGE
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を皮切りに、キャラクターたちが‟ループする惨劇”に立ち向かう姿を描いた『ひぐらしのなく頃に』。2006年に初めてアニメ化されてから、その恐ろしい描写​で毎回「怖すぎ!」とお茶の間に衝撃を与えてきました。

一方で実は感動的なシーンも多い本作。
そこで今回は“トラウマ台詞”に続き、主人公・圭一の友達である園崎魅音に皆が胸を打たれた名言&名シーンをご紹介。
魅音といえば、クラスでは圭一たちの部活の部長でありながら、村を仕切る園崎家の次期当主という役目も背負っていますが……?

「仲間なんていらないね」

竜宮レナの悲劇を描いた『罪滅ぼし編』では、必死でレナを救おうとする圭一の姿も印象的。
そんな正義感の強い圭一ですが、実は都会にいた頃、受験などのストレスでやってはいけないことをしてしまいました。
それを知ったレナは、軽蔑したように圭一を責め……。

仲間に隠しごとをしてはいけないと思った圭一は、魅音や梨花たちに過去の罪を懺悔。
すると魅音は、誰にでも失敗したことや思い出したくないことはある、それを全部打ち明けないと仲間と呼べないなら「仲間なんていらないね」と言ったのです。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません