10年越しの伏線回収!?『進撃の巨人』第79話、1話との繋がりに度肝を抜かれた。目線の先には…

掲載/更新 1
10年越しの伏線回収!?『進撃の巨人』第79話、1話との繋がりに度肝を抜かれた。目線の先には…
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第79話では、“進撃の巨人”継承者だけが有する能力が明かされました。「どうかしてる伏線」とファンが驚いたシーンとは? みんなの感想を振り返ってみましょう。
IMAGE
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第2クールがNHK総合にて放送中。第79話「未来の記憶」では、エレンとジークが父・グリシャの記憶をたどります。
過去の記憶を見ていると思いきや、そこには驚きの伏線が……?
原作でも10年かけてたどり着いた真相に、「どうかしてる伏線」と視聴者は舌を巻いていました。

みんなのコメントとともに注目ポイントを振り返ってみましょう。

「10年目の伏線回収」あのときグリシャが見ていたものは?

ついに始祖の力を手に入れたジーク。エルディア人の安楽死計画をすぐに発動させることもできましたが、エレンの説得を試みます。
その手段は、グリシャの記憶をたどること。グリシャが過去に犯した罪を見せることで、エレンの心を変えようとしたのです。

しかしエレンはグリシャの過去をすべて知っていた様子。それどころか、「未来の継承者の記憶を見る」という“進撃の巨人”継承者の能力を使って、グリシャを追い詰めていきます。
とくに注目を集めたのは、第1話「二千年後の君へ」でグリシャが幼いエレンに地下室の鍵を見せたシーン。第1話では、鍵を持つグリシャの手元と、グリシャの横顔が映っていました。
第79話で、グリシャの視線の先には未来のエレンがいたことが発覚。未来からの記憶を見せることで、グリシャを導いていたのです。
視線ひとつとっても意味があったことに視聴者は驚愕。
「第1話でわざとグリシャの目線が見えないようにしたの、ずるいなあ!」、「こんな真相、予想できるわけがない」、「目線も伏線だったとは。諫山先生の伏線回収がすごい」、「こんな物語考えつく作者、すごすぎます!」、「圧巻の伏線回収に度肝を抜かれる」などのコメントが見られました。

すべての元凶はグリシャではなく……

22 件

この記事のタグ

Comment

2022-02-09イェレン・イェレーナー

小ネタ発見しました。1話と79話にてエレン宅の外壁と赤い花が映るシーンに、何体か巨人のようなものが写ってます。一番左下には超大型巨人のようなものが…。検証お願いします。