歴代EDが伏線だった…『進撃の巨人 The Final Season』第80話、ユミルとの合致に驚愕「何年前から」「エグイって」

掲載/更新 0
歴代EDが伏線だった…『進撃の巨人 The Final Season』第80話、ユミルとの合致に驚愕「何年前から」「エグイって」
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第80話では、始祖ユミルの過去が明らかになりました。実は歴代のED映像に伏線が張られていたようで? みんなの感想を振り返ってみましょう。
IMAGE
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第2クールがNHK総合にて放送中。第80話「二千年前の君から」では、始祖ユミルの過去が明らかになりました。
歴代ED映像って伏線だったのか……!」と視聴者はびっくり。新たな発見だらけの映像を分析してみます。

また、奴隷として長い時間を過ごしてきたユミルに対する、エレンとジークの反応にも注目が集まりました。「これは惚れる」と評判だったエレンの言動とは?
みんなのコメントとともに注目ポイントを振り返ってみましょう。

歴代EDが伏線に?数々のヒントが。

第80話では始祖ユミルの回想シーンが登場。幼い頃から奴隷として生き、初代フリッツ王たちから酷い態度をとられていたことが明かされます。
巨人の力を絶やさないようにと、ユミルの死体を娘たちに食わせていた初代フリッツ王。
おぞましいシーンですが、視聴者は「実はアニメでもこのシーンがすでに出てたのヤバい」、「全部伏線だったのか」と過去のED映像を思い出します。
さらに「ED映像を繋ぎ合わせるとユミルの記憶が完成する」と分析していた視聴者も。該当のシーンを振り返ってみましょう。
まずは『Season 2』のED「夕暮れの鳥」
古い絵本の挿絵を思わせる映像には、3人の女の子が涙を流しながら赤い何かを口に運んでいる様子が描かれています。ほかにも巨人が人間とともに侵攻していくシーンなど、ユミルの記憶に合致するシーンばかりです。

CD『楽園への進撃』

CD『楽園への進撃』(「暁の鎮魂歌」収録)

2017年の放送当時、まだ原作でも不明点の多かったユミルの記憶。ストーリーボードを諫山創先生が担当していたため、伏線を張ることが可能だったのかもしれません。
続いて2018年に放送された『Season 3』のED「暁の鎮魂歌」。ヒストリアを中心とした映像ですが、Bメロには始祖ユミルも登場していました。

ヒストリアと似た服を着ていますが、目元が影で隠されている始祖ユミル。足下に石を投げ入れられ、水の中に沈んでいく描写は第80話で巨人の力を手に入れるシーンのようにも見えます。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません