第1話との対比にゾクッ…『進撃の巨人』第87話、完結編発表には「またかよぉおぉぉおおおお!」の声

掲載/更新 0
第1話との対比にゾクッ…『進撃の巨人』第87話、完結編発表には「またかよぉおぉぉおおおお!」の声
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第87話終了後に発表された完結編の存在。2023年放送予定とい発表にはあのキャラと同じ反応が続出したとか。また、第1話との対比に気づいた人も。みんなの感想を振り返ってみましょう。
IMAGE
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK総合系)第2クール第87話「人類の夜明け」では、エレンたちがマーレに初めて訪れたときの回想シーンが登場。
平和な描写から一変し、絶望感たっぷりに描かれた地ならしシーンでは、『進撃の巨人』にふさわしいセリフやタイトル回収もあり、「鳥肌もの」と視聴者を震えさせました。

そして放送後に発表された情報には悲痛な叫びがネット上に続出したようす。視聴者のコメントとともに注目ポイントを振り返ってみましょう。

※特性上、物語の内容に触れています。

子ども扱いされるリヴァイがかわいい

冒頭は、エレンたちが初めてマーレの港町を訪れたときのエピソード。車やアイスなど、珍しい光景に目を輝かせているサシャたちを、リヴァイは冷静に見守ります。
しかし子どもと間違われ、ピエロに「チビッ子ギャングかな」と言われてしまうリヴァイ。
予想外すぎるネーミングに視聴者からは「その呼び方は」、「かっこいいもかわいいも両方詰まっていて宝箱みたい」、「このシーン好きすぎてつらい」などの感想が。

気合いの入った作画には「イケメンすぎる」、「MAPPAさんありがとう」、「元気なときのお姿を見ることができて満足」と歓喜のコメントが続出しました。
原作でも人気のシーンだけに「長めの尺を取ってくれて嬉しかったww」、「まさか今期の最終話で見れるとは!」と喜ぶファンも。

タイトル回収に鳥肌が止まらない

平和だった回想シーンとの落差が激しかったのが、終盤の“地ならし”シーン。
エレン率いる巨人たちがついに大陸に到達します。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません