“人類”の意味が変わる…『進撃の巨人』4期第62話、ライナーの落差がすごい。エレンら久々の登場にも注目

“人類”の意味が変わる…『進撃の巨人』4期第62話、ライナーの落差がすごい。エレンら久々の登場にも注目
『進撃の巨人 The Final Season』第62話は、ライナーの過去話。巨人の視点でウォール・マリア破壊の裏側が描かれました。そしてついにエレンたちの出番が……? みんなの反応や感想をチェック!
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第62話「希望の扉」ではライナーが幼少期を回想。マーレ人の父と一緒に暮らしたいと願う母のため、名誉マーレ人になろうと奮闘する日々が描かれました。
ウォール・マリア破壊の裏側が明らかになるシーンでは、久しぶりにエレンたちの出番も!

巨人の視点で描く『進撃の巨人』序盤

秀でた才能はなかったものの、戦士に選ばれ名誉マーレ人になったライナー。ベルトルト、アニなどなつかしい顔ぶれも一緒です。

ベルトルト役の橋詰知久さんは「3人での過去の会話が出来て嬉しいに決まってるさ」と実況ツイート。視聴者も「久しぶりに声が聞けて嬉しい」、「待ってました!」と、残酷な物語の中にも希望を見出していました。

ウォール・マリアが破壊される前は、毎日に退屈さを感じていたエレン。今では考えられないほど平穏な時間を過ごしていました。
15 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは