『進撃の巨人』のエレンのモデルは…作者が熱狂する“ある趣味”が影響していた!?【エンタメトリビア】

掲載/更新 1
『進撃の巨人』のエレンのモデルは…作者が熱狂する“ある趣味”が影響していた!?【エンタメトリビア】
ますます盛り上がる『進撃の巨人』。実は主人公・エレンの巨人体にはモデルがいるのだそう。実在するある人物とは……?
昨年連載10周年を迎え、ますます盛り上がりを見せる『進撃の巨人』。主人公・エレンの活躍にも注目ですが、筋骨隆々の巨人たちにも目を奪われますよね。そんな巨人たちのモデルは、実在する人物らしく……。

こちらの記事では毎回エンタメ作品にまつわるトリビアをご紹介。今回は『進撃の巨人』に登場するキャラたちの知られざるルーツを探ってみましょう。
諫山創先生の大人気漫画『進撃の巨人』。数いるキャラの中でも、特に目を引くのが主人公・エレンの“巨人体”です。あの人間離れした風貌のモデルとなったのは、実は日本人!?

巨人体エレンのモデルは日本人格闘家!?

その凄みのある容貌から“エレンゲリオン”とも称されるエレンの巨人体。彼のモデルとされるのが、格闘家・岡見勇信さんです。

岡見さんは、総合格闘技団体「UFC」で日本人史上初となる4連勝を飾ったこともある超一流選手。彼のバランスのよい体つきや美しい筋肉には、誰もが見惚れてしまうはず……。
かたや、エレンの巨人体も均整のとれた肉体が特徴的。よく見ると彼の戦闘体勢やパンチの出し方は、確かに“岡見勇信”そっくりです。

諫山先生は大の格闘技好き!

格闘家をモデルにしたキャラは他にも。例えば「九つの巨人」の1つである「鎧の巨人」は、元UFCヘビー級王者“ブロック・レスナー”、「獣の巨人」は元UFCミドル級王者“リッチ・フランクリン”を参考に描かれたそうです。
もうお分かりかと思いますが…… 実は諫山先生、大の格闘技好き。自身のブログでも、その“格闘技愛”を余すことなく炸裂させています。
14 件

この記事のタグ

Comment

2020-09-22進撃信者

今更ですが、世界累計発行部数1億部突破おめでとうございます!!(電子書籍も含む)