サシャのことじゃん…『進撃の巨人』第84話、ハンジのシチュー裏話が泣けた。谷山紀章の“ジャン愛”とは

掲載/更新 0
サシャのことじゃん…『進撃の巨人』第84話、ハンジのシチュー裏話が泣けた。谷山紀章の“ジャン愛”とは
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第84話は、敵対していた者たちがたき火を囲んで話し合うエピソード。ハンジお手製のシチューや、ライナーやジャンの言動に注目が集まりました。みんなの感想を振り返ってみましょう。
IMAGE
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第2クールがNHK総合にて放送中。第84話「終末の夜」は、調査兵団やマーレ兵など、かつて敵対していた者たちがたき火を囲んで話し合う静かなエピソードでした。しかし内容は濃密で、先に進むために重要な要素がいくつも詰まっています。
とくに注目を集めたのはハンジのシチューや、殴り飛ばされたライナーだったようで……。

みんなのコメントとともに注目ポイントを振り返ってみましょう。

「もしかしてサシャのこと?」ハンジお手製のシチューに注目

アイキャッチでは毎回「現在公開可能な情報」が提示される『進撃の巨人』。
今回はハンジのシチューが取り上げられ、「たしかに公開していい情報」、「ほかに公開できる情報がなくてシチューの解説があるの」、「ぜひこの内容で商品化してほしい」と感想が集まりました。
ほっこりした内容に見えますが、文章をよく読むとグッとくる演出も。
「兵団の食糧庫からくすねてきた食材」や「イモが多め」など、サシャを思わせる内容になっています。
その仕掛けに気づいたファンは「シチューの説明文、サシャかよ……」、「ちゃんとこの場にサシャもいるんだな……」、「サシャにもまた食べさせてあげたかった」と涙。
失った仲間の意思も受け継いで、ハンジたちが前に進もうとしていることがうかがえます。

「みんな自分の中にジャンを持っている」谷山紀章も魅力をツイート

言葉を交わすうちに、マルコの死に関する真相を耳にしたジャン。

マルコは最期に「まだちゃんと話し合っていない」と言っていたと知り、マーレ兵たちときちんと話し合おうとします。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません