TV版『鬼滅の刃』無限列車編、善逸と伊之助の夢が自由すぎ!?炭治郎の残酷な夢にも泣いた…【第3話】

掲載/更新 0
TV版『鬼滅の刃』無限列車編、善逸と伊之助の夢が自由すぎ!?炭治郎の残酷な夢にも泣いた…【第3話】
10月24日(日)、TVアニメ版『鬼滅の刃』無限列車編の第3話が放送。善逸や煉獄、それぞれが見た‟夢”の差や、次回予告のサプライズに反響が集まりました。ほか視聴者が注目したシーンは? 
IMAGE
テレビアニメ版『鬼滅の刃』無限列車編は、大ヒットした映画・無限列車編を新規カットや予告、音楽を交えて放送。
魘夢によって炭治郎たちが夢の世界に引きずり込まれた第3話では、善逸&伊之助の愉快な夢と、炭治郎&煉獄の切ない夢の差、そして次回予告の‟ある人物”のサプライズも話題になりました。

特に注目されたポイントや感想、話題を呼んだシーンは?

善逸と伊之助の夢が「願望そのままw」「笑った」。桃畑は‟あの人”の思い出?

無限列車で眠らされ、それぞれ違う夢を見ている炭治郎たち。
無限列車編は全体的にシリアスな雰囲気ですが、善逸と伊之助の夢はふたりの願望がコミカルに反映されていました。

大好きな禰豆子を連れて、桃畑を駆けまわる善逸。
普段は気絶していないと力を発揮できませんが、夢では禰豆子を背負って川を渡るのに雷の呼吸を使いこなすなど、絶好調です。

「やっぱり善逸は期待を裏切らない。禰豆子の前ではかっこよくありたいって願望がそのまんま(笑)
「‟善逸さん”って、普通にしゃべれてる禰豆子がレアで可愛い」
など、「和む」と視聴者を喜ばせました。

桃畑という場所については、以前兄弟子の獪岳が桃を食べるシーンが善逸の回想に登場しており、風景が似ています。
師匠の‟じいちゃん”との思い出もあり、今でも大事な場所として夢に現れたのかもしれません。

⇒次ページ:伊之助の夢もキャラ全開!
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません