ジブリが惚れた海外アニメ映画4選。宮崎駿や高畑勲が影響を受けた名作たち

掲載/更新 0
ジブリが惚れた海外アニメ映画4選。宮崎駿や高畑勲が影響を受けた名作たち
GWの『金曜ロードショー』(日本テレビ系)は、『魔女の宅急便』『崖の上のポニョ』を2週連続で放送。そんなジブリ映画に多大な影響を与えている映画をご紹介します。
未だに国内外で圧倒的なブランド力を誇る「スタジオジブリ」は、2002年にフランスアニメ映画『キリクと魔女』を配給したり、宮崎監督、高畑監督に影響を与えた過去の名作アニメ映画を「三鷹の森ジブリ美術館」で特集上映したりと、良質な海外アニメ映画を広める活動も行っています。

今回は、ジブリがDVDを出したり、ジブリ公式サイトで特集が組まれたりしている作品のなかから、特におすすめな「ジブリ公認」の新旧海外アニメ映画をご紹介します。

『崖の上のポニョ』場面写真より

© 2008 Studio Ghibli・NDHDMT

『崖の上のポニョ』場面写真より

『王と鳥』

フランスのアニメ映画の巨匠ポール・グリモーの代表作。アンデルセンの童話「羊飼い娘と煙突掃除人」の映画化で、まず1953年に『やぶにらみの暴君』(66分)として公開され、高畑監督は本作を見てアニメーションの道を志し、宮崎監督も大いに影響を受けたと語っています。しかしグリモー監督は、同作が納得のいかない出来だったことから、資金を集め79年までに87分の改作として『王と鳥』を作りました。

横暴に振舞うとある国の国王シャルル5+3+8=16世は、自身の城の最上階にある絵の羊飼いの少女に恋をしていました。しかし少女は、隣の絵にいる煙突掃除屋の少年と恋仲であり、ある時不思議な鳥の力を借りて白から抜け出します。怒り狂う王は二人を追いかけてきて…。

DVD『王と鳥』より

DVD『王と鳥』より

宮崎駿監督は同作の狂いのない緻密な城の背景描写や奥行きのある空間感覚、上下移動の多い場面転換と「カメラワーク」に大いに影響を受けたと語っており、特に『カリオストロの城』にその影響を多く感じ取れます。

また、途中から出てくる「ロボット」も実にジブリっぽく、日本人には親しみやすいデザインです。王=権威をデフォルメしてばかばかしく描く、という社会派アニメとしての側面も高畑監督に影響を与えています。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません