ダメよ。入っちゃいけない場所に…『ひぐらし』古手梨花のゾッとするトラウマ台詞といえば

ダメよ。入っちゃいけない場所に…『ひぐらし』古手梨花のゾッとするトラウマ台詞といえば
15年以上前からアニメやゲーム展開を続ける『ひぐらしのなく頃に』。恐怖と感動の両方を持つ本作は、名言も数多く存在します。今回は‟裏の主人公”古手梨花、黒梨花とも呼ばれる彼女のトラウマになるような‟ぞっとした台詞”をピックアップ!
IMAGE
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を皮切りに、キャラクターたちが‟ループする惨劇”に立ち向かう姿を描いた『ひぐらしのなく頃に』。2006年に初めてアニメ化されてから、その恐ろしい描写で毎回「怖すぎ!」とお茶の間に衝撃を与えてきました。

15年以上前から様々な展開をしている『ひぐらし』には印象深いセリフも数多く存在します。
そこで今回は、雛見沢で崇められる神社の巫女・古手梨花の、皆がトラウマになるような‟ぞっとした台詞”&シーンをご紹介。
梨花といえば、普段は「にぱー」が口ぐせの可愛い少女でありながら、実は雛見沢を100年もループしていた『ひぐらし』の‟裏の主人公”ですが……?

「東京に帰れ」

梨花の言葉で「一番びくっとした」という人が多いのが、旧作『暇潰し編』の「東京に帰れ」ではないでしょうか。

ある日、ダムの建設計画で無くなろうとしている雛見沢村を訪れた、刑事の赤坂
無邪気な様子で、赤坂に村を案内する梨花ですが……「村はダムに沈まない」「もう決まっていること」と占い師の予言のようなことを言いだします。
そして、幼い少女から急に大人の表情に変わり、「東京に帰れ」「帰らないと後悔する」と忠告したのです。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは