『ひぐらし卒』第11話、レナの目撃が意味するものは…不気味な"錫杖の音"は幻想シーン?

掲載/更新 0
『ひぐらし卒』第11話、レナの目撃が意味するものは…不気味な"錫杖の音"は幻想シーン?
9月2日(木)、前作『業』の解答編『ひぐらしのなく頃に卒』第11話「祟明し編 其の伍」が放送。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”=連続怪死事件を軸に、第1期「鬼隠し編」から第2期「祭囃し編」までが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

今年7月1日(木)からは、『業』の解答編となる『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。

9月2日(木)に放送された第11話「祟明し編 其の伍」では、謎となっていた圭一を襲った人物が判明、そしてレナの目撃が話題に。SNSなどで特に注目されたポイントは?

錫杖の音は"幻想シーン"の示唆か?

今回「祟明し編 其の伍」ではこれまで謎となっていた、沙都子が綿流し祭から圭一を家へ連れて行ったあとの出来事が明かされました。

『業』で圭一と沙都子の叔父・鉄平がバットで相討ちになった惨劇のシーンは、前話で鉄平がもういないことが判明したため、多くの視聴者が混乱する事態に。
「体格が似ている大石を見間違えたのでは」などと噂されていましたが、圭一を襲ったのは梨花に絶望を見せようとした沙都子でした。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません