伏線だったのか!『ONE PIECE』錦えもんとお菊の不穏発言はフラグ?暗示していたのは…

伏線だったのか!『ONE PIECE』錦えもんとお菊の不穏発言はフラグ?暗示していたのは…
ワノ国編が連載中の『ONE PIECE』。vs百獣海賊団、打倒カイドウを目指す鬼ヶ島の決戦も佳境を迎える中、雲行きが怪しくなってきた赤鞘九人男の安否。錦えもん、お菊、アシュラはどうなったのか……実は、彼らの生死を暗示する伏線が?
週刊少年ジャンプで連載中のONE PIECE』(作・尾田栄一郎)。現在はワノ国編が連載されており、鬼ヶ島ではカイドウ率いる百獣海賊団との決戦が佳境を迎えています。

戦況は良くなったり悪くなったり、一進一退を繰り返しているような状態と言えますが、赤鞘九人男の戦いに関しては辛い場面が続いています。

そんな中、先日アニメ『ワンピース』第979話“強運!?リーダー錦えもんの一計!”が放送。ジャンプ連載(以下原作)よりも少し前の本編の内容を振り返る形となり、錦えもん達のセリフに「これ、伏線だったのか……!」という声が多く見られました。

赤鞘九人男の生死を暗示する伏線だと考えられるセリフの内容とは……?

※記事の性質上、本編の内容に触れています。
アニメ「ワンピース」〜5分で分かるこれまでのワノ国編〜

錦えもん・お菊・アシュラの現在は…

最初に本誌の内容を簡単に振り返って、赤鞘九人男の錦えもん・お菊・アシュラがいまどういった状態にあるのかおさらいしておきましょう。

まずアシュラですが、第1008話“頭山盗賊団棟梁アシュラ童子”では、突如死んだはずのおでんが登場しました。しかしこれはカン十郎が生み出した絵。分かっているはずなのに、目の前に現れた大好きな主君の姿に惑わされてしまう仲間達の目を覚ますため、アシュラは体を張って偽おでんの正体をカン十郎であることを炙り出しました。

刀傷を受け瀕死状態の上に爆発に巻き込まれてしまった彼は生死不明となり、いまだその後は描かれていません。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは