何が起こったんだ…『名探偵コナン』第995話 登場人物、全員強すぎ!?京極真の意外な弱点も発見

何が起こったんだ…『名探偵コナン』第995話 登場人物、全員強すぎ!?京極真の意外な弱点も発見
『名探偵コナン』第995話は、京極さんの弱点が明らかに。 予想外の犯人確保シーンも「人間じゃない」と話題になりました。ポイントやみんなの感想は?
1月23日に放送されたTVアニメ『名探偵コナン』第995話「代役・京極真(後編)」。3週にわたってくり広げられた事件は思わぬ結末を迎えます。「人間じゃない」、「強すぎ」と話題の犯人確保シーンとは?

さらにラストでは最強の男・京極さんの弱点が明らかに!

全員、強すぎ!インフレがすごい

京極が代役を務めることになったドラマの撮影現場で発生した連続殺人事件。途中でコナンの正体が世良真純にバレそうになるなど緊迫した展開が続く中、コナンはついに事件の真相をつかみます。

毛利小五郎不在のため、今回は「推理クイーン園子」に扮したコナンが謎解き。しかし精神的に追い込まれた犯人は、車で廃校舎に突っ込み命を絶とうとします。

走行中の車にとっさにしがみついたのは世良。さらに窓に蹴りを入れ、ガラスにヒビを入れることに成功します。
さらに京極が、校舎寸前のところで車の後部を持ち上げて時間稼ぎ。最後はが、世良がヒビを入れた窓ガラスを肘で粉砕し、運転席の犯人を確保しました。
17 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは