鳥かごに考察が…『進撃の巨人』第77話、開く扉が意味するものは?イェレナの表情も凄かった

掲載/更新 0
鳥かごに考察が…『進撃の巨人』第77話、開く扉が意味するものは?イェレナの表情も凄かった
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第77話ではガビの成長を象徴した鳥かごの描写が話題に。込められた意味合いを考察する視聴者が続出しました。みんなの感想を振り返ってみましょう。
IMAGE
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第2クールがNHK総合にて放送中。第77話「騙し討ち」では激しい戦いの中、「悪魔なんていなかった」と真実に気づいたガビの成長が注目を集めました。

ガビの内面を象徴するかのように描かれた鳥かごの意味を考察する人も多数。扉の開いた鳥かごが表しているものとは?
みんなのコメントともに注目ポイントを振り返ってみましょう。

悪魔なんていなかったーーガビの成長が重い

今回際立っていたのは、ガビの成長。以前はパラディ島の住人を悪魔だと思い込み問答無用で攻撃していましたが、第77話ではファルコを届けに来てくれたナイルを信じるような行動をとりました。
民家に逃げ込んだガビたちは、自分の安否を気にするブラウン夫妻の会話と、絶対に殺してやると語るカヤの声を耳にします。まるで人間の善悪を象徴するような言葉の数々に、涙を流すガビ。そしてその場に座り込み「悪魔なんていなかった」、「一方的に悪魔だと決めつけて、ずっと同じことをくり返してる」と語り始めたのです。
視聴者からは「パラディ島の住人を悪魔だと思っていたガビが言うからこそ重みがある」、「サシャを殺したのは許さないけれど、ガビの気持ちはわかる」などのコメントが。
憎しみの連鎖を断ち切るようなガビの成長に「全世界全人類が同じことに気付けたらいいのに」と考えさせられた人もいたようです。

扉が開いた“鳥かご”が表すものとは?

ガビが心境を語るシーンで印象的だったアイテムが鳥かご。
室内にいくつも置かれた鳥かごは、ひとつだけ扉が開いています。この鳥かごについてファンからの考察が続出。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません