声優・増田俊樹の「俳優」としての姿。“魔王”とも呼ばれた圧巻の舞台を振り返る

掲載/更新 1
声優・増田俊樹の「俳優」としての姿。“魔王”とも呼ばれた圧巻の舞台を振り返る
声優として活躍する増田俊樹さん。『アイドリッシュセブン』や『アイ★チュウ』でのキャラクターとは異なる、俳優としての演技をご存じですか? “魔王”とも呼ばれる演技とは。
IMAGE
『刀剣乱舞』の加州清光、『アイドリッシュセブン』の和泉一織などの快活なキャラクターを演じることの多い声優・増田俊樹さん。実は芸能界デビューは声優ではなく、舞台俳優からのスタートでした。それも非常にインパクトのあるデビューを飾っており、ある種の伝説として語り継がれています。

今回はそのデビュー作のほか、声優としての姿とはまた違った「俳優・増田俊樹」の姿をご紹介します。

CD『Midnight Dancer』増田俊樹

CD『Midnight Dancer』増田俊樹

「圧倒的」「魔王」と言わしめた“幸村精市”の存在感

幼いころから役者への憧れがあった増田さんは、『コードギアス反逆のルルーシュ』や『天元突破グレンラガン』を見て声優の道を志し、東京アナウンス学院放送声優科に入学します。

在学中、周囲の影響で見た舞台にも興味を持ち、2009年にミュージカル『テニスの王子様』(以下テニミュ)の幸村精市役で俳優デビューします。しかし、この時の増田さんは非常に珍しいケースでの出演でした。
同役は、2006年から2008年まで俳優の八神蓮さんが担当。八神さんが演じる幸村は非常に評判が高く、絶大な人気を誇っていました。増田さんはデビュー作にして、その後継者になってしまったのです。さらに、増田さん以外のキャストは一部を除いてほとんど変わらず、以前からのキャストに飛び込んでいく形になります。

多くの期待や不安、ファンや出演者のさまざまな思いを背負うことになった増田さんですが、ひとたび幕が上がるとそれらは一気に歓喜と驚きに変わりました。

ミュージカル『テニスの王子様』 The Final Match 立海 Second feat. The Rivals FINAL BOX 2

ミュージカル『テニスの王子様』 The Final Match 立海 Second feat. The Rivals FINAL BOX 2

幸村は、穏やかそうな外見ながらも、「神の子」と呼ばれる天才テニスプレイヤー。原作では勝利のためならば、時には手段を選ばない冷酷な男として描かれていますが、増田さんはその冷酷な部分を限りなく際立たせていました。

新人俳優とは思えない存在感、演技力、歌唱力で以前からのファンや出演者は驚愕。増田さんの演じる幸村は、ネット上で「魔王」の異名がつくほどのインパクトを残します。
24 件

この記事のタグ

Comment

2022-07-10名無し

“さらに、増田さん以外のキャストは一部を除いてほとんど変わらず、以前からのキャストに飛び込んでいく形になります。”
テニミュのくだりのここ、ちょっと語弊があるかな…当時の立海キャスト8人中代替わりした人半数はいるし、してないキャラにも新しくサポキャスがついたので1人だけ新参みたいな言い方は疑問を感じる