『東京卍リベンジャーズ』黒幕は他にいる?いま疑われる2人の人物とは…

掲載/更新 0
『東京卍リベンジャーズ』黒幕は他にいる?いま疑われる2人の人物とは…
アニメや実写映画も話題のマンガ『東京卍リベンジャーズ』(週刊少年マガジン連載中)。これまで有力だった説が覆り、半間に黒幕説が浮上!その根拠とは……?
IMAGE
新宿スワン』の作者・和久井健先生が描く『東京卍リベンジャーズ』。27歳、冴えないフリーターの主人公・タケミチ(花垣武道)が中学時代の彼女・ヒナ(橘日向)の死を知り、過去へとタイムリープする能力を得て未来を変えるため奔走する異色のSFヤンキーマンガで、ストーリーの面白さや魅力的なキャラクターたちにハマる人が続出中の話題作です。

読者が『東リベ』にのめりこむ理由の一つは、考察ポイントが多いこと。タイムリープ能力を持つ“タイムリーパー”は、実はタケミチ以外にも存在すると噂されているのはご存知でしょうか。一体それは誰なのか? 
最悪の自体を引き起こし続ける、黒幕とは……。ネット上で推測されている2人の人物にせまります。

※記事の特性上、物語の内容に触れています

『東京卍リベンジャーズ』(1)(週刊少年マガジンコミックス) 画像

『東京卍リベンジャーズ』(1)(週刊少年マガジンコミックス) より

タイムリーパーはタケミチ以外にも存在するのか?

ストーリーが進むごとに、読者の間では「タイムリーパーはタケミチ以外にも存在する」という仮説が立てられるようになりました。

最初に違和感を感じたという声が挙がったのは何と序盤の第2巻(第8話)。

現代でアッくん(千堂敦)と会ったタケミチは、線路に突き落としたのは自分だと告白され「過去に戻れるんじゃないのか?」と意表を突かれます。ナオト(橘直人)が未来を知っているかのように見えたとはいえ、大の大人がいきなりそんな超能力を疑うのはなんだか不自然です。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません