『半妖の夜叉姫』第40話 殺生丸、立派なパパやん…娘への愛が伝わる回だった。犬夜叉メンバーも懐かしい!

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第40話 殺生丸、立派なパパやん…娘への愛が伝わる回だった。犬夜叉メンバーも懐かしい!
『半妖の夜叉姫』第40話「三姫の脱出」を振り返り! 殺生丸のピンチに駆けつけたとわともろは。父から娘へ、ある言葉に父の愛が詰まっていたと感動を呼びました。犬夜叉たち懐かしキャラの登場も!
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』弍の章。第40話「三姫の脱出」では、黒真珠から脱出したとわせつなが、殺生丸の元へ駆けつけますが……。

父を救おうとするとわに殺生丸がかけた言葉とは? 感動の声が続々集まっています。犬夜叉七宝ら懐かしのキャラクターの活躍も見どころ!

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

殺生丸の“親心”が涙を誘う…「愛がすごい」「パパ…」

第40話では、黒真珠から脱出を果たしたとわとせつなが、はじめて母・りんと直接対面することができました。その感動も束の間、目の前には魄を奪われ別人のように生気をなくしている殺生丸の姿が……。

とわは吸妖魂を使い命の危機に晒された父を救おうと試みますが、同時にとわもかなりのダメージを喰らってしまう。
苦しむ娘に、殺生丸は振り絞るように「やめろとわ」「やめろ」と二度繰り返すのでした。
あの殺生丸が、自分の身を顧みず娘の命を心配し声をかける……。優しい愛情すら感じる言葉に、視聴者の中には涙したという人も。
SNSには、「自分が死ぬより娘が死ぬのが嫌なん…立派なパパやん…」「家族の情が見えた気がしてすごく嬉しかった」「りんが悲しむからてのが一番なんだろうけど、娘たちへ情が一切ないとはいえない感じがグフウってなる」といった感想が綴られています。

また、夫と娘、両方の命を案じるりんの心情、絶望感を見事に表現した能登麻美子さんの演技力にも絶賛が寄せられています。観ている私たちにも、より深刻さの伝わる凄みがありました。

ようやっと家族集合となった矢先の大ピンチ。殺生丸は、とわはどうなってしまうのでしょうか……。

犬夜叉と七宝、懐かしのやりとりに古参ファンも歓喜

21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません