『鬼滅の刃』魘夢は鬼に相応しい。悪の存在感が際立つ理由【鬼滅キャラの魅力】

掲載/更新 0
『鬼滅の刃』魘夢は鬼に相応しい。悪の存在感が際立つ理由【鬼滅キャラの魅力】
大ヒット作品『鬼滅の刃』に登場するキャラクターの魅力に迫る連載コラム、今回は『無限列車編』で炭治郎の前に強敵として立ちはだかる魘夢をピックアップします。「煉獄零巻」に描かれた人間時代とは。
IMAGE
TVアニメ版も大反響を呼ぶアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』。いよいよ物語も佳境へと突入となりました。
本作に登場する様々なキャラクターの魅力を解説する本連載コラム、炭治郎&禰󠄀豆子や我妻善逸や煉獄杏寿郎らに続く第9回目、本コラムでご紹介する鬼滅キャラは下弦の壱の鬼・魘夢です。

夢を操り、人々を眠りに誘うことでこれまで多くの人間を食らってきた魘夢。その手口は下弦の壱の名に相応しい厄介さで、炭治郎を始めとした鬼殺隊の面々を大いに苦戦させました。

DVD『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』

DVD『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』

無限列車編のエピソードに見る、そんな魘夢の鬼としての魅力や強みを今回はピックアップ。ぜひTVアニメシリーズの物語と併せて、敵である彼の秘密にも迫っていきたいと思います。

※本記事は性質上、アニメ未放送の原作内容を含みます

下弦の壱の位でありながら、作中随一のいやらしい戦い方をする鬼

『鬼滅の刃』という物語の山場のひとつでもある無限列車編。そこで主人公・炭治郎たちと対峙する事となったのが、下弦の壱の称号を冠する鬼・魘夢でした。

単身の実力こそ、遠く上弦の鬼たちには敵わない魘夢。ですが能力や力こそ劣るものの、彼の最たる強みはその策略と言うべきです。彼の戦い方は、ずばり作中随一で「いやらしい鬼」と言っても過言ではないでしょう。
ポイントはずばり鬼殺隊との戦い方、人間を食らうやり方として、彼が作中で唯一の「人間を手先に使った鬼」である、という点です。
34 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません