鬼舞辻無惨が持つ“傲慢さ”の理由とは。底知れぬ自己愛の裏にあるもの【鬼滅の刃キャラの魅力】

掲載/更新 0
鬼舞辻無惨が持つ“傲慢さ”の理由とは。底知れぬ自己愛の裏にあるもの【鬼滅の刃キャラの魅力】
大ヒット作品『鬼滅の刃』に登場するキャラクターの魅力に迫る連載コラム。今回は、敵である鬼の黒幕・鬼舞辻無惨をピックアップ。"パワハラ会議"でも話題になった彼の悪役たる傲慢さの理由とは?
IMAGE
アニメ2期も決定し、まだまだ人気が衰えるところを知らない『鬼滅の刃』。

今作に登場する様々なキャラクターの魅力を解説する本連載コラム、煉獄杏寿郎宇髄天元に続き今回ピックアップするのは敵である鬼の黒幕・鬼舞辻無惨についてです。

※本記事にはアニメ以降の原作の内容に触れています。

DVD『鬼滅の刃』4巻 画像

DVD『鬼滅の刃』4巻 より

恐怖と力で配下を動かす…鬼を生み出した恐ろしき始祖

言わずと知れた『鬼滅の刃』のラスボスである鬼舞辻無惨。作中の鬼と呼ばれる存在を生み出す元凶となった、文字通り鬼の始祖たる人物です。

何よりも「自らが死ぬこと」を恐れ、不死の身体を求める無惨。彼によるその傍若無人な振る舞いは、大勢の原作ファンにとっては周知の事実であることでしょう。

中でも話題となったのは、アニメ26話にて放送された対下弦の鬼たちへの通称・パワハラ会議。あまりにも理不尽な癇癪に近い怒り様で、次々と手駒であった下弦の鬼を抹殺した彼。
その冷酷無慈悲さ、そして無惨の悪役たる傲慢さを視聴者に強く印象付けるのに、このパワハラ会議は大きな役目を果たしたのではないかと思います。

ですが、このシーンは無惨という男の本質の僅か一面のみの話に過ぎません。
鬼舞辻無惨というキャラクターは原作をお読みの方はご存知の通り、最後まで傲慢で、非常に自己愛が強く強欲。終始物語では、どこまでも他者のための優しさを以て戦い抜いた鬼殺隊の面々とは真逆の悪役として描かれています。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません