気づいてた?『SPY×FAMILY』のオリジナルシーン。原作にない描写がキャラをより深くした

掲載/更新 0
気づいてた?『SPY×FAMILY』のオリジナルシーン。原作にない描写がキャラをより深くした
人気沸騰中のアニメ『SPY×FAMILY』。じつは原作になかった数々のアニメオリジナルシーンが追加されていることに気づいていましたか?
IMAGE
原作コミックスが累計2100万部を突破するなど、TV放送が始まってから話題を呼び続けているアニメ『SPY×FAMILY』。映像作品として表現された本作は第1話での黄昏のアクションシーンや、第2話で描かれた黄昏とヨルの協働、そして声優・種崎敦美さん演じる表情豊かなアーニャの様子が魅力であることは間違いないはず。

ただアニメ『SPY×FAMILY』には原作では描かれなかった場面も多く、数々のアニメオリジナルシーンの存在も本作の見どころとして挙げられるでしょう。本稿では『SPY×FAMILY』のアニメで描かれた原作にはないシーンを振り返りましょう。

※記事の性質上、ストーリーの内容に触れています。

 『SPY×FAMILY』MISSION:9「ラブラブを見せつけよ」ビジュアルより

『SPY×FAMILY』MISSION:9「ラブラブを見せつけよ」ビジュアルより

それぞれの背景が強調された「クラス対抗ドッジボール戦」

原作の世界観を大きく広げたエピソードとして、「MISSION:10『ドッジボール大作戦』」が挙げられます。体育の授業として行われたのは「クラス対抗ドッジボール戦」。この試合で活躍した生徒には“星(ステラ)”が授与されるという噂を耳にしたアーニャやダミアンたちは、各々の特訓を経てドッジボールに挑むこととなります。

原作コミックス3巻「MISSION:15」でも描かれたこのエピソードは、対立することの多いアーニャとダミアンの友情が垣間見えるお話。もちろんアニメでもアーニャとダミアンが互いを思い奮闘する様子が描かれるのですが、ドッジボールに挑むまでの過程も詳細に描かれたのです。
試合に臨む前、アーニャは“はは”であるヨルに「ひっさつわざ おしえろ」と特訓を申し込みます。原作では回想シーンとしてヨルとアーニャのやり取りが数コマ描かれましたが、アニメでは命を賭けながら腹筋をするアーニャの姿やボールを投擲し街の木々をなぎ倒すヨルの姿が描かれました。

またダミアンやクラスメイトのエミールやユーインたちが、学校の遊具を用いて『ドラゴンボール』を彷彿とさせる特訓をする様子も追加されました。3人の連携技も披露され、その姿はスポーツ漫画でよく見られる必殺技の迫力にも劣らないものでありました。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません