『進撃の巨人』新OPの"鳥"は何を意味する?ミカサのマフラーは…【第76話】

掲載/更新 0
『進撃の巨人』新OPの"鳥"は何を意味する?ミカサのマフラーは…【第76話】
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第76話「断罪」では新規OPやEDが話題に! 負傷したリヴァイの描写も涙を誘いました。視聴したみんなの感想は?
IMAGE
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』4期第2クールがNHK総合にていよいよ放送スタート。第76話「断罪」では新規OPやEDが解禁されました。
「情緒がジェットコースター」、「もう最終話を迎えた気分」とファンの心を揺さぶったOP&ED、ファン間で広がる考察とは?

さらに冒頭では、第75話で負傷したリヴァイが登場。とある描写に「呼吸止まった」、「嘘でしょ……」など、驚きの感想が続出しました。
みんなのコメントともに注目ポイントを振り返ってみましょう。

OPの"鳥"と"マフラー"が意味するものは…

放送前にOPやEDの情報を発表しない『進撃の巨人』。「主題歌に対するワクワク感がある」と、視聴者も放送を楽しみにしていました。

OPはSiMの「The Rumbling」。タイトルの日本語訳は「地ならし」で、英語詞に本編の出来事を思わせる言葉が詰め込まれています。
YouTubeで公開中の公式ノンクレジット動画の概要欄には日本語訳も記載されており、読んだファンからは「絶対に日本語訳を見た方がいい」、「全てがストレートで刺さる」などの感想が溢れていました。
また、OPやEDに深い意味が込められていると言われる本作だけあり、さっそく考察で盛り上がっているようです。
いつも印象的に描かれる"鳥"は今回も登場。エレンと逆の方向に向かう"白い鳥"と同じ方向に飛ぶ"黒い鳥"は「エレンの過去への後悔と未来への覚悟を表していそう」という推測が。

さらに「白い鳥は同期メンバーで黒い鳥はともに進んでいる仲間?」「104期生の比喩だったら泣くよ……」と仲間を思い出した人たちも。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません