『ヒプマイ』ヨコハマの“男の美学”に惚れる…!次元を超えてMAD TRIGGER CREWが愛される理由

掲載/更新 0
『ヒプマイ』ヨコハマの“男の美学”に惚れる…!次元を超えてMAD TRIGGER CREWが愛される理由
アニメソング(アニソン)を語る連載。今回取り上げるのは『ヒプノシスマイク』碧棺左馬刻率いるヨコハマ・ディビジョン。アウトローな世界に生きる彼らに誰もが惹かれてしまう理由とは?
IMAGE
ガチオタク兼音楽ライターとしても活動している筆者がアニソンコンテンツを紹介・分析する本シリーズ。今回ピックアップするのは、6月15日に発売される2ndフルアルバム『CROSS A LINE』も期待大の『ヒプノシスマイク』から、ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREWの魅力をご紹介!

ヤクザの碧棺左馬刻、悪徳警官の入間銃兎、違法軍人の毒島メイソン理鶯の三人から成るMAD TRIGGER CREW。アウトローな世界に生きる彼らの人気の理由は、ずばりハマの「男の美学」にあり? 次元を超えて大勢から「憧れ」を集める、彼らの魅力の秘密に迫ります。

 ヒプノシスマイク「MAD TRIGGER CREW -Before The 2nd D.R.B-」ヨコハマ・ディビジョン

ヒプノシスマイク「MAD TRIGGER CREW -Before The 2nd D.R.B-」ヨコハマ・ディビジョン

次元の壁を越えて愛されているMAD TRIGGER CREW

武力が世界中から根絶され、言葉が絶大な力を持つ世の中となった『ヒプノシスマイク』の世界。男たちが自らのディビジョンの誇りをかけて戦うこの物語で、ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREWもまた、多くの支持を集めるチームのひとつとなっています。

メンバー三人全員が、それぞれにかなりアウトローな職業でもあるヨコハマ・ディビジョン。
いわゆる「危険な奴ら」が揃うチームでもありますが、そんな危なげな雰囲気の半面、実はMAD TRIGGER CREWはヒプマイの各ディビジョンの中でも、特に次元の壁を超えて大勢に愛されているディビジョンでもあると言えるでしょう。

ヒプノシスマイク「BAYSIDE M.T.C」 ヨコハマ・ディビジョン

ヒプノシスマイク「BAYSIDE M.T.C」 ヨコハマ・ディビジョン


その現象のひとつでもあるのが、様々な三次元の実在の場所・人とのコラボがよく話題に上がりやすい点です。
中でも長年のヒプマイファン、そしてMAD TRIGGER CREW…通称“マットリ”ファンが語る上で欠かせないのは、やはり2020年のシングル発売に当たっての横浜中華街コラボですよね。

これまでにも様々なコンテンツと、実に多彩なコラボレーションを繰り広げてきた『ヒプノシスマイク』。そんな『ヒプマイ』のコラボの中でも、ひとつのディビジョンが一ヵ所の人気観光地とここまでがっちりコラボレーションを行ったのは当時これが初めてでした。
実際のコラボ時には、横浜中華街に店を構える約20店舗のお店が“MAD TRIGGER CREW”応援店舗に名乗りを上げ、限定フライヤーやポスターを掲示。

(公財)横浜観光コンベンション・ビューロープレスリリースより

「(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー」プレスリリースより

飲食店だけでなく水族館や占いのお店も参画していたり、各店舗が3人のおすすめメニューを設定していたりしました。
まるで本当にMAD TRIGGER CREWの三人が、この横浜の街のどこかに“生きている”のではないか。多くのファンにそう思わせる徹底したコラボの様子が、多くのハマ女の心を掴み一躍話題となっていましたね。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません