アニメ『あんスタ』第5話感想 堕落した学園の過去「糸電話、どうなってるの?」「声届く?」とSNS総ツッコミ!

宗によって完璧に計算された“芸術”で、学院の頂点に君臨するValkyrie。しかし視察に訪れた蓮巳敬人(CV:梅原裕一郎さん)は、衣装から楽曲、舞台コンセプトまで担う宗の実力を目の当たりにしつつも、なずな、みかとのバランスを「どこか危うい」と評します。

そんな中、みかはなずなの誕生日プレゼントとして、手縫いのブラウスと誕生石のアクセサリーを手渡します。うれしさに涙し、かすかな声でお礼を言うなずな。そこへ訪れた宗の言葉でみかは憤慨しますが、2人のやり取りをみて、なずなが思わず笑ったのです。

その日はなずなの笑顔をきっかけに、3人でライブのチケットを配ることに。みかのブラウスに身を包んだなずなと宗、みかは、夕方までチケットを売り歩いたのでした。

しかし、3人を取り巻く状況は刻一刻と変化していました。生徒会が推奨するライブ対決形式「ドリフェス」が広まり、ユニット間の抗争が激化。そして英智の率いるユニットfineの名前が、そこかしこから聞こえるようになっていたのですーー。

第5話の見どころはココ!

「Ra*bits」のなずなと「Valkyrie」のなずな、瞳の違いに注目

「S1」の興奮冷めやらず、盛り上がるRa*bitsの1年生たちを見守るなずなの表情はまさに“に~ちゃん”。Trickstarに負けてられないと意気込む言葉からも、前向きさを感じます。一方で、過去のなずなは表情も乏しく、言葉も発しない“意志のない操り人形”でした。

実は、目のハイライトの位置が“現在では瞳の上部”に、“過去では瞳の下部”に描かれ、印象の違いが表現されているんです。このなずなの変化が、「マリオネット」を通してどのように明かされていくのか、見守りたいと思います。
34 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは