小野賢章ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』第1話 腐女子とゲイは"気持ち悪い"ものなの?

小野賢章ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』第1話 腐女子とゲイは"気持ち悪い"ものなの?
浅原ナオトさんの小説『彼女が好きなのはホモであって僕ではない』を原作としたドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』。小野賢章さんも出演している話題のドラマ、第1話を振り返ります!
NHKよるドラで『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』が始まりました。原作は、浅原ナオトさんの小説『彼女が好きなのはホモであって僕ではない』です。

ゲイであることを隠して生活する高校生・安藤純(金子大地さん)と、そのクラスメイトで、腐女子であることを隠して生活している三浦紗枝(藤野涼子さん)の出会いから、2人が直面する葛藤や、周囲を巻き込んで築き上げられていく関係性が描かれます。

そして純と同じくゲイで、恋人がHIVと戦っているミスター・ファーレンハイト(声:小野賢章さん)。ネット上だけの友人でありながら、純が唯一すべてを打ち明けられる彼の言葉が、純の心と物語を動かしていきます。

「交わるはずのない二人が出会ってはじまる、純粋でねじくれた青春群像劇」と銘打たれたこの物語、純と紗枝それぞれの視点を印象的なシーンとともに追っていきましょう。

第一話「Good Old-Fashoned Lover Boy」あらすじ

まずは第1話のストーリーからご紹介。
2人の物語は、紗枝がBLコミックを買おうとしたところを、たまたま純が目撃。腐女子バレを恐れた紗枝が、純に黙っていてくれるよう懇願するところから始まります。

妻子がありながら純の恋人でもあるマコト(谷原章介さん)に紗枝について打ち明けると「理解者になってくれるかも」と言われますが、純にはそうは思えません。

そんな純にミスター・ファーレンハイトは、紗枝の重大な秘密を知ってしまったことを謝るべきだと諭すのでした。
16 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは