アニメ『あんスタ』第6話感想 屈指のツラい展開がしんどい…救いはお姫様抱っこ!?

アニメ『あんスタ』第6話感想 屈指のツラい展開がしんどい…救いはお姫様抱っこ!?
7月よりスタートしたTVアニメ『あんさんぶるスターズ!』。第6話は第5話から続く、Valkyrieの過去が描かれる「マリオネット」の後編。そんな前回放送を第7話の前に振り返りましょう♪
アイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ!』(以下『あんスタ!』)ついに待望のTVアニメ化!

男性アイドル育成に特化した私立夢ノ咲学院に君臨する生徒会。そんな学院に革命を起こそうと立ち上がった氷鷹北斗・明星スバル・遊木真・衣更真緒の4人と、学院唯一の女子生徒でプロデューサーでもある転校生、あんずの出会いからはじまる物語です。

第5話から半年が経過した第6話。学院の変化に取り残されてゆくValkyrieは、ついにドリフェスに出場することになりますが……。マリオネットの糸が断ち切られるそのとき、第6話をふり返ります!
※ネタバレを含む場合もあります。未視聴の方はご注意ください。

第6話「マリオネット ~後編~」ダイジェスト

季節は秋。学院は新制度「ドリフェス」に完全に支配されていました。成績に直結する投票制度によってfineが台頭し、多数のファンを獲得する一方で、ドリフェスに出演しないValkyrieは実績を得られず、時代に取り残されていきます。

保健室を訪れた仁兎なずな(CV:米内佑希さん)は、佐賀美先生(CV:樋柴智康さん)には喉の炎症を指摘され、今の声と向き合って大事にするよう諭されました。しかし、Valkyrieの窮状を打開したい一心のなずなは、なおも歌の特訓をやめません。

そんな中、Valkyrieリーダーの斎宮宗(CV:高橋広樹さん)は、廊下で倒れているところを幼なじみの鬼龍紅郎(CV:神尾晋一郎さん)に助けられます。紅郎と言葉を交わし、ドリフェスに出演することを決意する宗。しかし紅郎はそれこそが“誰かさんの思惑通り”なのではと、複雑な表情を浮かべるのでした。
30 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは