アニメ『あんスタ』第2話感想 圧力に涙…アイドル育成学院の残酷さがリアル『あんさんぶるスターズ!』

あんずを追って、軽音部部室に駆けつける北斗たち。そこに待ち構えていたのは、生徒会にも制御できないといわれる特異な存在“三奇人”のひとり、朔間零(CV:増田俊樹さん)でした。

零は、大神晃牙(CV:小野友樹さん)のあんずへの暴挙を詫び、北斗たちの「革命」への支援を申し出ます。そのためには“価値”を証明しろと迫られた3人は、革命への覚悟を見せるため、何度も歌い、踊りました。
その姿はあんずの心を決めさせます。"革命の同志になってほしい"と伝えられていたあんずは、正式に「Trickstar」のプロデューサーとなりました。

その後、零の提案で北斗はひなた・ゆうたと、真は晃牙とペアとなって特訓することに。スバルはあんずと一緒に行動するように言われ、創のステージを観に行くことに。
2人は講堂で、創の所属する「Ra*bits」のメンバー、真白友也(CV:比留間俊哉さん)、天満光(CV:池田純矢さん)、そしてリーダーの仁兎なずな(CV:米内佑希さん)に出会います。

「Ra*bits」の対戦相手が、副会長である敬人が率いるユニット「紅月」だと知り、表情を曇らせるスバル。講堂内が紅月のユニットカラーである赤一色に染まる中、緊張の面持ちで創たちの出番を待ちます。

しかし――ドリフェス終了後にはうつむくスバルと、黙って寄り添うあんずの姿が。ふたりがドリフェスで見たものは「生徒会」が君臨する夢ノ咲学院の現実と、創の涙でした。

「優しいあの子が泣かなくちゃいけないなら、俺はそんなもの、ぶっ壊してやりたいよ……!」

第2話の見どころはココ!

軽音部と“三奇人”朔間零

26 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは