金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第7話 ゲイを気にしないのは"きれいごと"なの?

金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第7話 ゲイを気にしないのは"きれいごと"なの?
小野賢章さんも出演していたドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』。第7話では隠れ腐女子だった紗枝が全校生徒の前で告白をはじめ…!? 第8話の前に振り返りましょう。
NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』。

ゲイであることを隠して生活する高校生・安藤純(金子大地さん)と、腐女子である三浦紗枝(藤野涼子さん)2人が直面する葛藤や、周囲を巻き込んで築き上げられていく関係性が描かれます。

そして同じくゲイであるミスター・ファーレンハイト(声:小野賢章さん)。ネット上だけの友人でありながら、純が唯一すべてを打ち明けられる彼の言葉が、純の心と物語を動かしていきます。

第8話の前に印象的なシーンとともに振り返っていきましょう!

第7話「We Will Rock You」あらすじ

バーの店員であるケイト(サラ・オレインさん)から「逃げてもいい。でもね、自分からは絶対に逃げ切れないよ」「今じゃなくてもいいから戦う覚悟を決めなさい」と励まされ、終業式に行くことを決めた純。

久しぶりに登校した純は、紗枝から同性愛についての話し合いがクラスで行われたことを聞きます。ですが、同性愛はおかしくないという結論が出ても、自分が同性愛者だと名乗り出る人はいなかった。いたかもしれない同性愛者に余計なことをするなと思われたかもしれない。

「私の言葉は、どうすれば安藤くんに届くの?」と、うわべだけの「理解」の無意味さに悔しさを募らせます。

さらに小野(内藤秀一郎さん)がディスカッションの場で発言した「同性愛を気しないと言っても、実際に明かされたら気になるに決まってる」「聞こえのいいことばかり言うのは卑怯だ」と発言していたことも明かされ、純は複雑な表情を浮かべるのでした。
20 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは