アニメ『あんスタ』第8話感想「希望の星は消えてない!」走り出すスバル――デレる"全身お兄ちゃん”と弟の絡みは!?

後日、体育館で千秋から返事を求められたスバルは、1人でもTrickstarを輝かせてみせると決意。それを聞いた千秋はTrickstarの衣装を着たあんず(CV:坂本真綾さん)を招き入れ、「お前はひとりなんかじゃない」と言い、全力の協力を申し出るのでした。

迎えたDDD当日、初戦の相手であるKnightsに鉢合わせたスバルとあんず。真はどこだと尋ねられた鳴上嵐(CV:北村諒さん)は冗談でかわそうとしますが、その場に居合わせた朔間零(CV:増田俊樹さん)に「姑息な手口を使って真を無理やり移籍させようとしている」と指摘されうろたえます。思いがけない事実を知り、走り出すスバル。

「あいつはまだ俺たちの仲間だ!仲間は助ける、絶対に!」

第8話の見どころはココ!

「金星杯」で出会った4人

1年生のクラス代表2名ずつの急造ユニットで「金星杯」に出演した北斗、スバル、真、真緒。金星杯はあの「マリオネット」のドリフェスと同じ日の出来事です。

北斗とスバルは2人とも孤独で、“親の七光”に焼き尽くされそうになりながらも、必死に「アイドル」になろうとしていました。一方、自分を変えたいと願っていた真と、裏方ばかりだった真緒。この日、4人ははじめて、仲間と一緒に立つ舞台の楽しさを知ります。

「俺たちはひとりじゃない」そんなふうに心を通わせあった4人はやがて、Trickstarを結成するーーその名前の由来となったのも、この日の会話から出た「Trickster」という言葉(北斗の発音がめちゃくちゃ良かった)。舞台を引っかき回す狂言まわしを意味する単語でした。

アイドルとしての輝き、支え合う仲間、探していた居場所、楽しいと思える舞台。4人が見つけた“Trickstar”が、どれほど尊いものだったか、ありありと分かる出会いの物語です。
34 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは