【考察】2期最終回『地獄のおそ松さん』――『おそ松さん』には救いがある。そして3期もある!?

【考察】2期最終回『地獄のおそ松さん』――『おそ松さん』には救いがある。そして3期もある!?
最終回目前、6つ子が自立してバラバラになるというシリアスな展開を見せた『おそ松さん』2期24話『桜』。それに続く最終回『地獄のおそ松さん』は、前回のしんみりとした雰囲気を吹き飛ばす、ハチャメチャでアツい(!?)物語になりました。今回は、最終回『地獄のおそ松さん』のストーリーを読み解きながら、『おそ松さん』2期のまとめをしていきます!

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫のギャグマンガ『おそ松くん』を原作に、おそ松(CV:櫻井孝宏さん)、カラ松(CV:中村悠一さん)、チョロ松(CV:神谷浩史さん)、一松(CV:福山潤さん)、十四松(CV:小野大輔さん)、トド松(CV:入野自由さん)の6つ子が、クズでニートな大人に成長した姿を描くTVアニメ作品です。

2015年に放送されると、2016年度の流行語大賞にノミネートされるほどの大ヒットを記録。
2017年10月から待望の第2期がスタートしています。

numanの人気シリーズ、深堀考察記事の第7回をお届けします。

関連記事
【考察1】“箱”の中で終わりなき物語を繰り返す――『おそ松さん』2期はOPが意味深!?

※本記事には、TVアニメ『おそ松さん』2期最終回『地獄のおそ松さん』のネタバレが含まれます。

最終回『地獄のおそ松さん』のストーリーをおさらい

24話『桜』にて、自立していく兄弟たちの様子を見ながらモヤモヤとした気持ちを抱えていた長男・おそ松トト子にその思いを打ち明けた翌日、おそ松が兄弟を居間に集合させ、「お前らにちょっと言っときたいことがあるんだよ」と話そうとしたところから、最終回はスタートしました。
一方そのころ、宝探しに出かけようとしていたイヤミの飛行機が故障。ちょうどおそ松が口を開きかけた途端、6つ子の集まっている松野家の居間に墜落してしまいます。

気がつくと、白装束で三途の川の目の前に立っていた6つ子。死ぬ直前に自分たちが何をしていたのかをすっかり忘れ、三途の川を渡り、天国行きと地獄行きを決める裁判を受けます。なんとか天国へ行けるよう抵抗するもむなしく、地獄に落とされてしまう6人。大きな針や熱々の鉄板の上に立たされたり、恐ろしい妖怪に追いかけられたり、乳首をちぎられたり、中高生のときの卒業文集をみんなの前で朗読されたりといった責め苦が次々と彼らに襲いかかります。

あまりの苦しみの連続に、ついに精魂尽き果ててしまう6人。しかし、おそ松の「(俺たち)まだ全員童貞じゃなかったっけ!?」という言葉をきっかけに、早く生き返らなければと奮起します。
原作者である赤塚不二夫先生、チビ太やトト子などのレギュラーキャラクター、F6や実松、チャントシターなどの『おそ松さん』オリジナルキャラクターたちの助けを借りながら、6人はなんとか地獄から抜け出そうと格闘しますが……。

赤塚作品として“ちゃんとしてる”最終回!

19 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

2018-04-27杏ちゃん

いつか6人が本格的に就職と自立の生活にはいると良いですね。

2018-04-27杏ちゃん

2期25話6人地獄落ちとは命を大切にしてるかの意味ですね。

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは