【考察1】“箱”の中で終わりなき物語を繰り返す――『おそ松さん』2期はOPが意味深!?

【考察1】“箱”の中で終わりなき物語を繰り返す――『おそ松さん』2期はOPが意味深!?
赤塚不二夫のギャグマンガ『おそ松くん』を原作に、おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松の6つ子が成長した姿を描くアニメ『おそ松さん』。2015年10月に一期の放送がスタートし、2016年の流行語大賞にノミネートされるほどの社会的ヒット作品となりました。そんな『おそ松さん』待望の2期が、満を持して放送スタート。名キャスト&スタッフが再集結し、注目を集めています。               
IMAGE

エモーショナルでカッコいい! 『おそ松さん』2期OPを深読み

1期終了から1年半――待望の『おそ松さん』2期が、いよいよスタートしました。
第1話は、相変わらずの『おそ松さん』ワールド全開! はちゃめちゃなストーリーを追いかけるのに必死で、ラストにオープニングテーマが流れてようやく「2期が始まったんだ!」と実感した人も多いのではないでしょうか。
A応Pが歌う『君氏危うくも近うよれ』に合わせて展開されるオープニング映像は、歴代作以上にエモーショナルでカッコいい! 今回は、そんな『おそ松さん」2期のオープニングについて、1期をおさらいしつつ深読みしていきます!



17 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは