【考察6】『おそ松さん』2期24話『桜』|“ちゃんとする”ってなんだよ?

【考察6】『おそ松さん』2期24話『桜』|“ちゃんとする”ってなんだよ?
父・松造が倒れたのをきっかけに、自立しようとする6つ子を描いたTVアニメ『おそ松さん』2期24話『桜』。最終回を目前にしたシリアスな展開に、不安を感じているファンも少なくないはずです。同じくシリアスだった1期24話『手紙』を彷彿とさせながらも、少し様子が違う今回の『桜』。そのストーリーをちょっと深読みしながら、最終回の展開を果敢に予想していきます!

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫のギャグマンガ『おそ松くん』を原作に、おそ松(CV:櫻井孝宏さん)、カラ松(CV:中村悠一さん)、チョロ松(CV:神谷浩史さん)、一松(CV:福山潤さん)、十四松(CV:小野大輔さん)、トド松(CV:入野自由さん)の6つ子が、クズでニートな大人に成長した姿を描くTVアニメ作品です。

2015年に放送されると、2016年度の流行語大賞にノミネートされるほどの大ヒットを記録。
2017年10月から待望の第2期がスタートしています。

numanの人気シリーズ、深堀考察記事の第6回をお届けします。

『おそ松さん』2期24話『桜』はこんな話

まずは、24話『桜』のあらすじを簡単におさらいしましょう。

いつものように昼過ぎに起き、脱いだ服は散らかしっぱなし、食べ終わったお皿も片付けず、のんびりと釣堀に向かうクズニートの6つ子たち。 そんなとき、末弟・トド松のスマホに母・松代から着信が。父・松造が倒れたという知らせを受け、6つ子は慌てて病院へ駆けつけます。

大事には至らなかったものの、突然の出来事に焦りを感じる6人。長男・おそ松「そろそろやんなきゃいけないのかなぁと思ってさ。その〜、しゅ、就職? とか。あと、自立? とか。なんかそういうようなこと」という発言をきっかけに、松代の家事を手伝い、バイトを始めるようになります。

自立しようと努力し、それぞれの生活を歩み始める兄弟に、言い出しっぺであるはずのおそ松はなぜかモヤモヤ。雨が降り、葉桜になりはじめている桜の木のそばで、幼なじみのトト子に思いを打ち明けます。

翌日、仕事へ出かけようとする兄弟たちに集合をかけるおそ松。彼の「お前らにちょっと言っときたいことがあるんだよ」という意味深なセリフのあと、25話への「つづく」という文字が表示されました。

 
17 件
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

2018-04-26杏ちゃん

おそ松さん25話で地獄落ちの意味はシェーWAVEで命を大切にしてるかの意味ですね。最後には復活して良かったです。

2018-03-23mi

1期25話でやったようなことは2期では22話でやっちゃったからなー

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは