【考察4】『おそ松さん』2期16話『となりのかわい子ちゃん』でトト子が泣いた理由――キンちゃんとは“誰”だったのか?

【考察4】『おそ松さん』2期16話『となりのかわい子ちゃん』でトト子が泣いた理由――キンちゃんとは“誰”だったのか?
松野家の近所にやってきた美少女“キンちゃん”との交流を描いた『おそ松さん』2期16話『となりのかわい子ちゃん』。クライマックスでは、いつも強気なヒロインのトト子がなぜか号泣し、6つ子たちを困惑させました。 今回は、トト子のキャラクターや『となりのかわい子ちゃん』のストーリーを分析しながら、トト子の謎の涙の理由について考察していきます!
IMAGE

2期16話『となりのかわい子ちゃん』はどんな話?

まずは、『おそ松さん』2期16話『となりのかわい子ちゃん』のストーリーを簡単におさらいしながら、トト子が泣いた経緯を確認していきましょう。

6つ子たちの家の隣に住む親戚の家に遊びにきた沖縄出身の美少女・“キンちゃん”こと犬山キン子。彼女が洗濯中に飛ばしてしまったブラジャーをきっかけに、6つ子とキンちゃんは仲良くなっていきます。

ある日、まだ東京に慣れていないキンちゃんから、6つ子に街を案内してほしいというオファーがきます。当初、6つ子はトト子の買い物に付き合う予定でしたが、とある理由からキンちゃんの約束を受け入れることに決めます。

次の日、一人で買い物へ向かっていたトト子は、6つ子とキンちゃんのデート現場を目撃。モヤモヤしながら7人を尾行しはじめますが、あまりにも斬新な変装により、尾行はあっという間にバレてしまいます。

居酒屋でのやりとりのあと、たまらず外へ飛び出してしまったトト子に、キンちゃんが事の真相を話します。実は、6つ子がキンちゃんとの約束を優先したのは、彼女が翌日に地元へ帰ってしまうからだったのです。キンちゃんに謝罪されたトト子は、いきなり号泣。大量の涙を流しながら去っていきます。

トド松「えっ、なんで?」
おそ松「全然わかんない」

トト子突然の涙に、6つ子は呆然。トト子は一体なぜ泣き出したのでしょうか?

16 件
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは