まさにトリックスター!『ヒプマイ』オオサカが誇る抜群のエンタメ性。今後は躑躅森盧笙がキーマン?

掲載/更新 0
まさにトリックスター!『ヒプマイ』オオサカが誇る抜群のエンタメ性。今後は躑躅森盧笙がキーマン?
アニメソング(アニソン)を語る連載。今回取り上げるのは『ヒプノシスマイク』オオサカ・ディビジョンどついたれ本舗です。トリックスター的な彼らの唯一無二の魅力とは。キーとなるのは躑躅森盧笙?
重度の二次元オタクかつ、約10年のミュージシャン活動歴も持つライターである私・曽我美なつめのアニソン連載。
今回は6月15日に2ndフルアルバムの発売を控えている『ヒプノシスマイク』から、オオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」の魅力をご紹介!

様々なディビジョンの中でも、その独特の空気感で一際異彩を放つオオサカディビジョン。リーダーの白膠木簓を始めとしたメンバー3人の魅力や、楽曲の注目ポイントについて、本記事でたっぷり語ります。

※記事の特性上、ドラマCDのストーリーに触れています。

ヒプノシスマイク オオサカ・ディビジョン 「あゝオオサカdreamin'night」

ヒプノシスマイク オオサカ・ディビジョン 「あゝオオサカdreamin'night」

面白さ、楽しさこそ正義!唯一無二のムードに夢中

言葉が絶大な力を持つ世界の中、ラップバトルで切磋琢磨し合うヒプノシスマイク。
個性豊かなディビジョンによって盛り上がっている本作ですが、その中でもかなりアクの強いチームとして大きな人気を獲得しているのが、リーダー・白膠木簓率いるオオサカディビジョン“どついたれ本舗”、通称“どつ本”です。

ともすればバトルトーナメントや、リーダー・メンバー同士の因縁でムードがバチバチとしがちですが、“どついたれ本舗”は緊張していた空気を緩和させるような、唯一無二の存在感を発揮しています。

ヒプノシスマイク –Division Rap Battle- 2nd D.R.B『どついたれ本舗 VS Buster Bros!!!』

ヒプノシスマイク –Division Rap Battle- 2nd D.R.B『どついたれ本舗 VS Buster Bros!!!』

そんな“どつ本”が纏う独特の雰囲気は、やはりリーダーであるお笑い芸人・白膠木簓の影響が大きいことでしょう。
いつ何時でも大勢を笑顔にさせ、どんなピンチも笑いのチャンスに変える。一見飄々としたその姿勢は、人によっては「やる気がなさそう」「舐めている」と思われてしまうことも。
ですがプロの芸人としては、ある意味ではそう思われてこそ一人前なのかもしれません。
また簓のみならず“どつ本”の掴みどころのないムードに、三番手・天谷奴零の存在も一役を買っているとも言えます。

職業・詐欺師という、得体の知れない存在である彼。流れる雲のように、あるいは水のように。本性を決して誰にも明かさないからこそ、彼もまた簓とは違った意味で飄々とした雰囲気を纏うキャラクターでもあります。

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-side D.H&B.A.T』4巻(講談社)

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-side D.H&B.A.T』4巻(講談社)


物語の本筋を追っている人はご存知の通り、ストーリーの中では彼はイケブクロディビジョン・Buster Bros!!!の父親という正体を明かした一面も。
しかし一方で敵対する中王区と内通していたり、かと思えば狙いの読めない暗躍を続けていたり。まだまだ底が知れない要注意人物としても、注目度の高い男となっています。

躑躅森盧笙がキーマン?元相方への思いとは

36 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません