シブヤは『ヒプマイ』随一のドラマ性がある。名曲「Stella」から変化してきた関係性がエモい

掲載/更新 1
シブヤは『ヒプマイ』随一のドラマ性がある。名曲「Stella」から変化してきた関係性がエモい
アニメソング(アニソン)を語る連載。今回取り上げるのは『ヒプノシスマイク』シブヤ・ディビジョンFling Posseです。唯一の“赤の他人の寄せ集め”だった謎多きチームの関係性が変化していく過程に注目!
IMAGE
マンガやアニメをこよなく愛する一方、約10年のミュージシャン活動歴を持つ音楽ライターである私・曽我美なつめのアニソン語り連載。今回ピックアップするのは、先日のディビジョンバトル優勝の熱もまだまだ冷めやらぬ『ヒプノシスマイク』シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」!

シブヤの街らしいポップさやキャッチーさ、そしてその裏側にあるメンバーそれぞれの過去や秘密。そのギャップでじわじわとファンを獲得していったFling Posseの魅力について、今回は楽曲も交えつつ詳しくご紹介。
ディビジョンバトル優勝というひとつの目標を達成した彼ら、その先に見ている未来像とは? まだまだこれからも大勢を魅了するであろう、彼らの人気のポイントに迫ります。

※記事の特性上、ドラマCDのストーリーに触れています。

ヒプノシスマイク「Fling Posse -Before The 2nd D.R.B-」シブヤ・ディビジョン

ヒプノシスマイク「Fling Posse -Before The 2nd D.R.B-」シブヤ・ディビジョン

シブヤの秘密に迫った『Stella』

言葉を武器にラップで戦う、ヒプノシスマイクの世界。シブヤ・ディビジョンFling Posseは、そのコンテンツ初期から展開されたチームのひとつでもあります。
リーダー・飴村乱数を中心としたこのディビジョン。ですが初期から活躍する他の3ディビジョンと比較して、このFling Posseは実はかなり異色のチームでもありました。
最も大きな違いは、彼らFling Posseだけが唯一「他人の寄せ集め」のチームだった点。
実の兄弟であるBuster Bros!!!、メンバー全員の面識はなくとも各々で繋がりのあったMAD TRIGGER CREW、麻天狼。
これらの3ディビジョンがある程度見知った仲でチームを組んだ一方で、Fling Posseのみが完全に全員が赤の他人の状態からチームを発足させています。

ヒプノシスマイク「Fling Posse -F.P.S.M-」 シブヤ・ディビジョン

ヒプノシスマイク「Fling Posse -F.P.S.M-」 シブヤ・ディビジョン


チームバトルの性質上、まったくの他人同士より、当然ある程度面識のある相手の方が仲間として戦いやすいはず。
ですがそれでもリーダーの乱数は、全く面識のない夢野幻太郎、有栖川帝統という二人の情報を事前に仕入れ、彼らに声をかけチームを結成します。

そうして始まったFling Posse。しかし当然幻太郎や帝統、それに乱数も含め、彼らは過去や素性を始め、未知数な部分が非常に多いチームでした。
しかしそんな多数のベールに包まれた、彼らの謎に最初に迫った楽曲。それが『Stella』であったことは、今や大勢のファンが知ることでしょう。
31 件

この記事のタグ

Comment

2022-06-11p

確かに素晴らしいストーリーです。
しかし実際には、2ndDRBの時点では彼らはまだ〝互いに〟秘密を明かしあってはいません。
受け手である私たちはメタフィクション的に3人全員の秘密をある程度把握していますが、作中ではメンバーに自分の秘密を明かしたのは飴村乱数のみで、残り2人は自分の秘密を分かち合うことのないまま今回の優勝に至っています(それはそれで凄いことです)。
リーダーの危機に強い結束力を発揮し、見事優勝を果たしたFling Posse。
しかしまだ序盤です。
彼ら3人全員が互いのキズアトや痛みを分かち合って絆を得たPosseとなるには、まだあともう1〜2段階進化を残していると言えるでしょう。
楽しみに見守っています。