金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第8話最終回 ゲイは病気なんかじゃない

金子大地、小越勇輝『腐女子、うっかりゲイに告る』第8話最終回 ゲイは病気なんかじゃない
小野賢章さんも出演しているドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』。いよいよ迎えた第8話の最終回では、純が「別れ」と「新しいスタート」を迎え……純と紗枝、亮平の絆に胸を打たれる感動のラストを振り返りましょう。
NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』。

ゲイであることを隠して生活する高校生・安藤純(金子大地さん)と、腐女子である三浦紗枝(藤野涼子さん)2人が直面する葛藤や、周囲を巻き込んで築き上げられていく関係性が描かれます。

そして同じくゲイであるミスター・ファーレンハイト(声:小野賢章さん)。ネット上だけの友人でありながら、純が唯一すべてを打ち明けられる彼の言葉が、純の心と物語を動かしていきます。

そんな『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』も、今回で最終回。印象的なシーンとともに振り返っていきましょう!

第8話「Don't Stop Me Now」あらすじ

「彼からもらった『QUEEN II』を彼の墓に供えてくれ」--心の支えだった親友、Mr.ファーレンハイト(声・小野賢章さん)との最後の約束を果たすために、彼の自宅を紗枝と訪れた純。玄関先でファーレンハイトの母親(内田慈さん)と対面し「(同性愛が)治らなかったんですね」と言われた純は「治るとか治らないじゃない、ただそういうふうに生まれてきただけ」と、はっきり伝えます。

ファーレンハイト部屋で"ある秘密"を知った2人は、墓にCDを供えた後、海岸を訪れます。QUEENのボーカル、フレディが「男女の関係にはなれなかったけど、魂の深いところでつながっていた」という恋人のメアリーのために作った曲を一緒に聴きます。

そして改めて「大阪へ行く」「これまでと違う生き方ができるか試したい」と決意を語る純。紗枝はそんな純を「遠距離は無理」と振ることで、背中を押しました。

純の大阪行きを寂しがる亮平(小越勇輝さん)を通して、小野から「俺は『シアー・ハート・アタック』が一番好き」という伝言を受け取った純。実は小野もQUEENなのだと気づき「俺は『オペラ座の夜』が一番好き」と亮平に言付けます。亮平自身も純との友情をたしかめ、別れを惜しみつつも抱きついてはしゃぐのでした。
21 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは