『ONE PIECE』ゾロの父親は"あの人"か?モモの助の伏線回収にも「もう怖い!」「どれだけ前から…」【第1023話】

掲載/更新 0
『ONE PIECE』ゾロの父親は"あの人"か?モモの助の伏線回収にも「もう怖い!」「どれだけ前から…」【第1023話】
週刊少年ジャンプ39号に掲載された『ONE PIECE』第1023話“瓜二つ”。あまりの情報量で「ヤバすぎる……!」とネット上を騒がせました。本記事ではその中からサブタイトル“瓜二つ”をまさに体現したゾロとモモの助をピックアップ。ゾロのルーツがついに明かされる……!?
IMAGE
週刊少年ジャンプ39号に掲載された『ONE PIECE』第1023話“瓜二つ”​では、ゾロサンジキングクイーンと戦います。一方、モモの助の姿が……!?

今週も「ルナーリア族」「神の国」など重要情報が次々飛び出し、「情報多すぎ!」「物語動きすぎ!」「クライマックス感ヤバすぎ!」と読者を騒がせた『ONE PIECE』本誌。

本記事では、その中からゾロの血筋が匂わされたシーン、モモの助の姿が描かれたシーンについておさえておくべきポイントやみんなの感想、考察をご紹介します。

※記事の性質上、本編の内容に触れています

ゾロのルーツはワノ国にある?

前話で華麗な復活を遂げ戦線に復帰したゾロは、彼らしい気迫あふれる戦いを魅せてくれました。

その傍ら、ヒョウ五郎河松が気になる会話を繰り広げます。

それは、ゾロが若き日の「鈴後」の大名・霜月牛丸に、剣の所作まで含め瓜二つであるということ。さらに牛丸の祖先であり、スリラーバークでゾロと刃を交えた相手でもある“刀神”霜月リューマが隻眼の剣士であったという点もゾロと重なるというのです。そんなゾロが秋水を持ってワノ国へやってきたことに運命を感じるとも。

このシーンには「ゾロはやっぱり霜月か……ヤバすぎる」「え、待ってつまりそういうことだよね……!?」「ついにゾロのルーツがほぼ確定した……!」「ゾロの血筋がここにきてわかるとか胸熱すぎて心臓が持たない……」「じゃあくいなとは親戚だったってこと…!?」とザワザワ。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません