天才か、変人か?『チェンソーマン』奇才・藤本タツキの伝説的エピソード3選

掲載/更新 0
天才か、変人か?『チェンソーマン』奇才・藤本タツキの伝説的エピソード3選
アニメ化も発表され注目の『チェンソーマン』。衝撃的なストーリーのほか、たびたび話題になるのが作者・藤本タツキ先生本人のエピソードです。担当編集氏も驚いたこととは…!?
IMAGE
先日、集英社が配信する漫画アプリ『少年ジャンプ+』に公開された、藤本タツキ先生の読切漫画『ルックバック』が大きな反響を呼んでいます。漫画を介してつながった、ふたりの少女の物語に多くの読者が感情を揺さぶられ、公開日の7月19日はSNSのトレンドを独占。

巻き起こる賛否両論、さまざまな考察、衝撃で言葉を失う読者たち……などなど、その日は『ルックバック』のことを考えて一日が終わった、という人もいたのではないでしょうか。

『チェンソーマン』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『チェンソーマン』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

『ルックバック』の作者・藤本タツキ先生は、公安のデビルハンター・デンジが活躍する大人気漫画『チェンソーマン』や、ウェブ連載で注目を浴びたダークファンタジー『ファイアパンチ』を生み出した売れっ子漫画家。

その作風は強烈な個性とインパクトを感じますが、藤本先生ご本人もさまざまな逸話を持つ謎多き人物でもあります。今回はそんな藤本タツキ伝説の一部をご紹介します。

自分の妹になりすまし、担当に心配される

ファンはもちろんのこと、担当編集の林士平さんですら「何で? どうして? 何のために?」と混乱してしまったのが、ながやまこはるちゃん事件です。

最近では、漫画家本人がSNSを使って発信するのは珍しくありませんが、藤本先生はなぜか自分の妹「ながやまこはる」さんになりすましてツイッターをしています。ちなみに、本名ではないかもしれませんが、実際に藤本先生には妹さんがいます。

『ファイアパンチ』の連載がはじまる前から、林さんに内緒でツイッターをしていた藤本先生。それもアカウント名が「ながやまこはる」。林さんはこのアカウントを発見したとき「藤本くんにすでにヤバいファンがいる、訴えなきゃ」と思ったそうです。
林さんから連絡を受けた藤本先生は「それ僕です」自白。訴えられずにすみました。いまだにその真意は語られていません。

こはるちゃんは作品の内容にも触れますが、あくまで小学3年生の妹視点でのコメントに徹しています。

見たもの、食べたもの、時々お兄ちゃんの漫画の紹介……そしてツイートの文末を「よかったです。」で締める独特なこだわり。まだフォローしていない人は、一度覗きにいってみてください。なんとも言えない気持ちになります。

バイトが嫌で賞金生活。7本の連載を持つ(ただし脳内で)

23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません