『ONE PIECE』シャンクスの狙いは…。ゴムゴムの実、前任者は“ジョイボーイ”か?【第1017話考察】

『ONE PIECE』シャンクスの狙いは…。ゴムゴムの実、前任者は“ジョイボーイ”か?【第1017話考察】
週刊少年ジャンプ30号に掲載された『ONE PIECE』第1017話“号令”では、ルフィの悪魔の実「ゴムゴムの実」に関する新情報が。これにシャンクスも関わっている……!? 読者の反響や考察をご紹介します。
IMAGE
週刊少年ジャンプ30号に掲載された『ONE PIECE』第1017話“号令”​では、かねてより噂されていたフーズ・フーの正体が判明しました。

フーズ・フー当人が自身の経歴を明かす中で、主人公・ルフィの悪魔の実「ゴムゴムの実」に関する新情報が明かされると読者は驚愕。

超人(パラミシア)系・動物(ゾオン)系・自然(ロギア)系に分類される様々なチート能力がはびこる世界で、“伸びるだけ”な「ゴムゴムの実」。しかしなんの変哲もない悪魔の実と見せかけて、とても重要な実らしいのです。さらに、その秘密をどうやらシャンクスが知っているようで……。ネット上で飛び交う読者の反響や考察とは?

※記事の性質上、本編の内容に触れています。

「ゴムゴムの実」が重要視される理由は一体?

第1017話も驚きの連続でしたが、中でも読者を唸らせたのは「ゴムゴムの実」。
注目すべきは厳重な護送の上、この一度の任務失敗でクビを切られてしまうくらい重要視されていたというところに引っ掛かります。

「ゴムゴムの実」は政府が欲するようなとんでもない能力を秘めているのか、かつてそれを食べた人物が政府の脅威となり得たのか、「ワンピース」を手に入れるため必要な実のため海賊たちに渡らないようにしたのか……など、考察の余地が生まれます。
17 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは