『フルーツバスケット』本田透の優しい言葉が心に響く。悩んだときに読みたい名言3選

掲載/更新 0
『フルーツバスケット』本田透の優しい言葉が心に響く。悩んだときに読みたい名言3選
連載終了から15年以上経つにも関わらず、二度のアニメ化、映画化、舞台化と人気が衰えない高屋奈月先生原作の『フルーツバスケット』。そんな大人気作品の主人公で、読者の心も優しく温めてくれる「本田透」の魅力と名言をご紹介します。
1998年から2006年にかけて『花とゆめ』で連載された、高屋奈月先生原作の『フルーツバスケット』。連載終了から15年以上が経つにも関わらず、二度のアニメ化、舞台化、映画化、そしてスピンオフ作品がつくられるなど、幅広い世代で愛され続けている作品です。
そんな『フルーツバスケット』が長く、そして多くの人に愛される理由のひとつが、主人公「本田透」の人の心を包み込む優しい言葉の数々です。

※本記事は性質上、ストーリーに触れています。

『フルーツバスケット』1巻(白泉社)

『フルーツバスケット』1巻(白泉社)

『フルーツバスケット』(以下『フルバ』は、母親を事故で亡くした女子高生の「本田透」が、異性に抱きつかれると十二支の動物に変身する呪いを持つ「草摩家」の人々と交流し、成長していく物語です。
母を亡くしテント暮らしを始めた透は草摩紫呉や同級生の草摩由希と親しくなります。その縁もあり、透は「草摩家」でしばらく生活することになり、十二支の呪いを持つ「草摩家」の人々との交流が始まります。

じつはそれぞれが深い闇を抱えており、劣等感やトラウマと戦っている『フルバ』の登場人物たち。そんな草摩家や周囲の人々の救いとなるのは、主人公・透の言葉なのです。日常生活で悩みにぶつかったときに思い出したい名言をご紹介します。

【1】人と自分を比べてしまうときに…

『愛蔵版 フルーツバスケット』1巻(白泉社)

『愛蔵版 フルーツバスケット』1巻(白泉社)

人を羨ましく思ったり、自分と他人を比べて「自分には全く良いところなんてない」と思ったりしてしまうことはありませんか?

十二支の「鼠」の呪いを持つ草摩由希と、十二支に入れなかった「猫」の呪いを持つ同級生の草摩夾は、お互いが羨ましいからこそ嫌い合っていました。
人から「王子様」のように扱われることも多い由希は、異性に抱きつかれて鼠の姿に変身することを恐れ、一歩引いた距離感で人に接していました。それに対して夾は、本人が嫌がっても周囲の人から遠慮なく構われるタイプの人間です。
透は、そんな2人が互いに自分にないものを持っているからこそ、羨ましく妬ましく思っていることを知り、文化祭の準備で作っていたおにぎりを見ながら、自分が気づいたことを夾に伝えます。
29 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません