『呪術廻戦』もう1人の内通者=狗巻棘 説が浮上?疑わしい理由とは…

『呪術廻戦』もう1人の内通者=狗巻棘 説が浮上?疑わしい理由とは…
シリアス展開に拍車がかかっている『呪術廻戦』。未だ明らかにならない“残りの内通者”についてファンの間では様々な考察が飛び交っている。家入硝子=内通者説も根強い中、新たに怪しまれている人物とは……。
IMAGE
週刊少年ジャンプ本誌でも怒涛の展開を見せ盛り上がる『呪術廻戦』。

特に考察で特に白熱している“内通者”の正体です。これまでもいろいろな人物に注目してきましたが、最近ではメインキャラの狗巻棘を怪しむ声も上がっているよう。一見いい先輩なのになぜ?

DVD『呪術廻戦』 Vol.5

DVD『呪術廻戦』 Vol.5

「狗」の字が入っているのはスパイ?

そもそも狗巻棘とは、東京都立呪術高等専門学校2年生で主人公・虎杖悠仁の先輩キャラ。
己の言葉が呪いの武器となる呪言師の末裔で、作中でも呪言を使って皆を助けてきました。

そんな彼を疑う根拠としてよく注目されているのが“名前”にあるのだとか……。
10 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは