『ハイキュー!!』完結に須賀健太、橋本祥平ら演劇キャストも次々反応 皆にとっての“青春”だった

掲載/更新 0
『ハイキュー!!』完結に須賀健太、橋本祥平ら演劇キャストも次々反応 皆にとっての“青春”だった
7月20日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』33・34合併号で、ついに『ハイキュー!!』が完結! 須賀健太さん、橋本祥平さんなど、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』キャスト陣の反応は?
7月20日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』33・34合併号にて、ついに『ハイキュー!!』(著:古舘春一先生)が完結!
ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』のキャスト陣も、SNS等にて続々と、古館先生への感謝の気持ちや作品への思いを表しました。

須賀健太、橋本祥平からのメッセージは?

まずはやっぱりこのお方、3年以上に渡って主役の日向翔陽役を務めた須賀健太さん
須賀さんは『週刊少年ジャンプ』33・34合併号の発売日前日に「あした…やばいな…」とツイートし、ドキドキしながら心の準備をしていた様子。
そして発売日当日、舞台の写真とともにメッセージ文をツイートしました。
烏野高校のメンバーに出会って道を切り開いた日向のように、演劇『ハイキュー!!』では、今でも笑いあえる沢山の仲間と出会ったという須賀さん。
中でも印象的なのは、「自分の演劇人生の代表作になった」という言葉。

役者歴20年以上の須賀さんですが、ジャンプ本誌に掲載されたアニメ&演劇関係者の慰労コメントでは「ハイキュー!!を通して青春ができたことが自慢」と語っており、『ハイキュー!!』が須賀さんの演劇人生を形成しただけでなく、いかに大切な思い出であったかもわかります。
ファンも須賀さんのTwitterに、「須賀さんから『ハイキュー!!』という素晴らしい作品を知りました、ありがとう」「須賀さんはどこまでも日向翔陽でした」といった感謝の気持ちを次々と届けていました。

そして日向と同じ烏野高校の守護神・西谷夕を演じた橋本祥平さんにとっても、やはり『ハイキュー!!』は「青春そのもの」だったよう。
橋本祥平さんはTwitterにて「ハイキュー!!に出会い役者としての人生がガラリと変わりました」と古館先生への労いの気持ちを表しました。

2.5次元ミュージカルの裏方作業をしている時に俳優を目指すようになった橋本さんは、西谷夕を演じる時はアニメ版の岡本信彦さんの声に寄せるようにするなど、まじめで努力家。
『ハイキュー!!』での経験を活かし、これからも皆が驚くような活躍を見せてくれることでしょう。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません