『チェンソーマン』は“少年ジャンプ”の常識を変えた。絶望とシュールのバランスが素晴らしい

『チェンソーマン』は“少年ジャンプ”の常識を変えた。絶望とシュールのバランスが素晴らしい
『週刊少年ジャンプ』で異色の作品として人気を博し、TVアニメ化が発表されたことで今再び注目を集める『チェンソーマン』。改めてその魅力を、ファンの皆さんに聞いてみました。
IMAGE
『チェンソーマン』は、悪魔のポチタを心臓に取り込んだ少年・デンジが、公安にスカウトされデビルハンターとして戦うダークヒーロー漫画。
『週刊少年ジャンプ』で2019年1号から2021年2号まで第一部が連載され、「このマンガがすごい!」2021ではオトコ編第1位を獲得、『ジャンプ+』での続編連載とTVアニメ化も決まっているアツい作品です。

「これが本当に少年ジャンプの漫画なの!?」という衝撃を常に読者に与えてきた、異色のヒット作『チェンソーマン』。
改めてその魅力はどこにあるのか、ファンの皆さんに聞いてみました。

※記事の特性上、原作の内容に多少触れています。

『チェンソーマン』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『チェンソーマン』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

ぶっとんでるのに泣ける…キャラのギャップが秀逸

『チェンソーマン』には主人公の少年・デンジをはじめ、悪魔や魔人といった、見た目も中身もバリエーションに富んだキャラクターが多数登場。
中でも主人公のデンジと相棒の魔人・パワーは、男女ともに支持を集めています。

「デンジは、胸を揉むために公安の仕事をがんばるっていう、そのバカ正直っぷりが愛せる。
一方で、自分の体がボロボロになっても皆を助けたり、心はまさに少年漫画のヒーローなんです」

「誰でも信じてしまう純粋なデンジに、母性本能をくすぐられます。敵の女の子に‟好き”と言われて心が揺らいで、アキに『お前はチョロすぎだ!』って怒られるところではつい笑いが……(笑)。その後、花束を持って会いに行くシーンはとても切なくて好きです」
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは