『ハイキュー!!』最終回直前話に小さな伏線回収を発見?何気ないワンシーンが面白すぎ

『ハイキュー!!』最終回直前話に小さな伏線回収を発見?何気ないワンシーンが面白すぎ
ついに8年半の歴史に幕を下ろした大人気コミック『ハイキュー!!』。じつは最終回直前に、小さな伏線回収があったことをご存知でしょうか。
先日、ついに8年半の歴史に幕を下ろした大人気コミック『ハイキュー!!』
最終回直前の第401話(『週刊少年ジャンプ』32号掲載)ではMSBYブラックジャッカルVSシュヴァイデンアドラーズ戦に決着がつき、ネット上が大盛り上がりとなりました。

その一方で試合後の“ある1コマ”が注目を浴びているようで……?

じつは影山のサインは……

話題の渦中にあるのは、試合後の影山飛雄を描いたワンシーン。
サインを求めるファンたちの後ろに並び、不敵な笑みを浮かべた菅原孝支の姿が描かれています。
一見なんでもない描写に見えますが、何を隠そう菅原は影山のサインの考案者。

高校時代に「(影山から)今のうちにサインもらっとこ」と考えた菅原は、サインに興味なさそうな影山のために「よっしゃ 俺が考えたろ!」と奮起したのがきっかけでした。

キャラクター座談会でも言及

本誌32号の巻頭企画ページには『ハイキュー!!』登場人物による“妖怪世代(モンスター・ジェネレーション)スペシャル座談会”が掲載。

じつはここでも日向翔陽が「影山のサインは高校の先輩菅原さんが考えました」と公言。余談ですが、影山は菅原から渡されたサインを健気になぞって練習していたそうです(笑)。
13 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは